ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

ミケルソンがテーラーメイドSLDRドライバーを使用

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM Equipment Insider

「プレジデンツカップ」の初日、フィル・ミケルソンのバッグの中にドライバーはなかった。しかし、2日連続の雨によってコースが湿り、飛距離がより必要になった状況の変化を受け、通算メジャー5勝を誇るミケルソンはドライバーを使うことを決意した。

ゴルフWRXによると、ミケルソンは三菱レイヨンのクロカゲ(黒影)シルバーシャフト(編注・日本未発売モデル)が入ったテイラーメイドSLDRドライバーを選んだとのこと。このドライバーはクラウン部分のグレー塗装を黒い塗料でカバーしており、またソールも黒く塗装しているため、一見して、現在店頭に並べられているSLDRドライバーと同じモデルとはほとんど認識できない。

<< 下に続く >>

ミケルソンは金曜日、フォアサムマッチの最初のティオフからこの新しいドライバーを使用していた。大会を通してミケルソンがこのドライバーを使い続けるかどうかは定かではないが、日曜日まで雨が降り続けると見られているため、ミケルソンがそれをバッグに入れ続けておく可能性は高い。

SLDRは、この1年間でミケルソンが使用した2つ目のテイラーメイド製メタルウッドだ。昨年11月の「WGC HSBCチャンピオンズ」でミケルソンは、今回のSLDRとよく似た全面ブラック塗装で、ロケットボールズの3番ウッドを使用した。

それから数ヶ月間、ミケルソンはロケットボールズを使用し、その後「ファーマーズ・インシュランスオープン」でキャロウェイのXホットフェアウェイウッドに切り替えた。

ミケルソンは今季、何度もウッドを入れ替えた。優勝した「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」では、キャロウェイRAZRフィットエクストリームドライバーを加えた。「シェル・ヒューストンオープン」では、Xホット3ディープに切り替えた。

「マスターズ」のときに追加した8.5度のフランケンウッドは、フェアウェイウッドの様な役目を果たすドライバーで、ミケルソンはコース攻略にうまく役立てていた。ミケルソンはまた、終盤の「ドイツバンク選手権」ではキャロウェイのFTオプティフォースドライバーを使用。シーズン中盤には17度のPINGアンサーハイブリッドも使用していた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!