ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

米国選抜のリードで開幕 松山英樹は最終ホールでドローに持ち込む

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ◇ミュアフィールドビレッジ(オハイオ州)◇7354ヤード(パー72)

2年に1度の世界選抜(欧州を除く)と米国選抜の対抗戦が華々しく開幕。両軍各12選手が出場し、フォアボール形式(2人のうち良い方のスコアを採用)のダブルス・マッチプレー6試合で争われた初日は、ホームの米国選抜が3勝2敗1分けとし、3.5―2.5とリードして終えた。

<< 下に続く >>

第1試合ではジェイソン・デイ(オーストラリア)とグラハム・デリュー(カナダ)が、ハンター・メイハンブラント・スネデカーとの接戦を1アップで制し、1998年大会以来の勝利を狙う世界選抜が幸先よく1ポイントを先行した。

そして第2試合に初出場の松山英樹が登場。「マスターズ」覇者のアダム・スコット(オーストラリア)とコンビを組み、ビル・ハースウェブ・シンプソンと対戦した。前半から劣勢を強いられ、松山がバーディを奪った16番(パー3)までに2度、2ダウンからオールスクエアに戻したが、17番でハースに自身この日6個目のバーディを決められた。しかし最終18番、松山は第2打をピンそばにつけて、ただ一人バーディフィニッシュ。「相手が(パターで)どこからでも入れてくるような感じだった。『セカンドで入れてやろう』とアダムと話していた」。土壇場でドローに持ち込み、チームに0.5ポイントをもたらした。

世界選抜はさらに続く第3試合で、ルイ・ウーストハイゼンとチャール・シュワルツェルの南アフリカコンビが、昨年の「ライダーカップ」で活躍したフィル・ミケルソンキーガン・ブラッドリー組を2&1で撃破する活躍を見せた。

しかし後半3試合はいずれも米国選抜が圧倒。中でも第5試合のマット・クーチャータイガー・ウッズ組は、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)とマーク・リーシュマン(オーストラリア)を相手に終始優勢を保った。相手にポイントを許したのは8番(パー3)だけで、5&4の大差で勝利を飾った。

スティーブ・ストリッカージョーダン・スピースアーニー・エルス(南アフリカ)とブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)を1アップで破り、ザック・ジョンソンジェイソン・ダフナーブランデン・グレースリチャード・スターン(ともに南アフリカ)を5&3で下した。

4日間の総合得点で争われる対抗戦。2日目はフォアサム形式(ペアの2人が1つのボールを交互に打つ)のダブルス・マッチプレー6試合が行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!