ニュース

米国男子ケンパーインシュアランス・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

B.エステスが我慢のゴルフでツアー通算4勝目

米国男子ツアー「ケンパーインシュアランス・オープン」最終日。首位タイでスタートしたボブ・エステスがスコアを1つ伸ばし11アンダーで優勝。今季初優勝、ツアー通算4勝目。同じく首位タイでスタートしツアー初優勝を狙っていたボブ・バーンズはスコアを落とし3位タイ。日本の田中秀道は3バーディ、2ボギーの70で回りトータル6オーバー66位タイで終了。

風と起伏の激しいグリーン、そして深いラフが選手たちを苦しめた。まるで全米オープンのようなセッティングで、それは2日目以降のスコアが伸びなかったことでも分かる。最後まで我慢をしたエステスに軍配が上がった。

同スコアでスタートしたバーンズは、11番パー3でホールインワンを決め、4人首位タイの均衡を抜け出し初優勝の期待が膨らんだ。ところが直後の12番ホールでボギーを叩き11アンダーに後退すると、16番ホールではアプローチがグリーン手前に戻るミスショットでダブルボギーを叩き、首位タイから脱落した。

スティーブ・エルキントン、ジャスティン・レナードリッチ・ビームも優勝圏内にいたが、全員17番パー3でつまづきスコアを落とした。皆バーディとボギーが交互に訪れるアップダウンの激しいゴルフを展開する中、一人静かなゴルフをしていたのがボブ・エステスだった。

エステスは13番までパーを重ね、14番でバーディを取り11アンダーで首位に並ぶと、他の選手が崩れる中、一人我慢のゴルフを続け結局1バーディ、ノーボギーの70で回り今季初優勝を遂げた。「積極的にバーディを取らないと勝てないと思ったけど、1つのバーディでも勝てちゃった。こんな勝ち方もあるんだ」とあっけらかんとしたエステス。最終日ノーボギーで回ったのは彼だけだ。

エステスは昨年2勝をあげ、ブレイクした選手の一人だ。ツアーデビューは88年だが、初優勝は94年のテキサスオープン。確実性が持ち味の選手で、ショートゲームとパッティングに強さを発揮するタイプ。97年にはバンカーセーブ率70.3%でツアー記録を更新。我慢のゴルフはお手のものだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ケンパーインシュアランス・オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。