ニュース

米国男子ケンパーインシュアランス・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

米国男子ツアー「ケンパーインシュアランス・オープン」初日

今年のケンパーインシュアランス・オープンは、世界ランキングのトップ20のうち、参戦はクリス・ディマルコのみ。ツアー未勝利の選手にとっては初優勝へのチャンスが大きい大会といえる。
初日に首位に立ったのはツアー未勝利のフランクリン・ランガム。後半に5連続バーディを奪い、コースレコードタイの63で単独8アンダー。2打差の2位にボブ・エステス。クリス・ディマルコを含む3位タイグループは5人の団子状態。さらにその1打差の8位に、グレッグ・ノーマンブライス・モルダー田中秀道らが4アンダーで大きな集団となっている。

フランクリン・ランガム(-8・63)
「ラウンド終了後までコースレコードのことは気がつかなかった。ショットだけでなく、自分の気持ちも前向き。いつも練習している成果がでると嬉しい」

グレッグ・ノーマン(-4・67)
「今日はショットが安定していた。フェアウェイが広く長くなり、コースコンディションもソフトだから強気に飛ばすことができた。とてもプレーしやすいコースだ」

*ケンパーインシュアランスオープンの初日&2日目はザ・ゴルフ・チャンネルで衛星生中継予定

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ケンパーインシュアランス・オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!