ニュース

米国男子グレーターハートフォードオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 グレーターハートフォードオープン
期間:07/24〜07/27 場所:TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

P.ジェイコブセンが、辛うじて1ストロークの差をキープ!

米国男子ツアーの『グレーターハートフォードオープン』の3日目。大会前から話題を独占していたママさんゴルファーのスージー・ウェイリーは、予選で姿を消してしまった。ギャラリーからの惜しみない拍手とウェイリー自身の笑顔のラウンドは、アニカの時と同じようにトーナメント会場を華やいだ雰囲気にしていた。

ウェイリーの姿はないが、この大会は元々ギャラリーの多い大会で、この日も多くのゴルフファンが会場に詰め掛けた。そして、その大半の注目は最終組でラウンドした49歳の優勝争いだった。

<< 下に続く >>

先週優勝した50歳のクレイグ・スタドラーに続けと、ピーター・ジェイコブセン、ジェイ・ハースの優勝争いが期待されたが、序盤から雲行きは怪しくなってしまった。5番ホールで互いにボギーを先行させると、ハースは続く6番もボギー。その後もダブルボギーが飛び出すなど、この日だけで5ストローク落としてしまい27位まで後退してしまった。

一方のジェイコブセンは、ボギーを3つ叩いたが、すぐにバーディを奪い返しスコアを1つだけ伸ばした。通算11アンダーで単独首位はキープ。1995年の「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」以来の優勝まであと一歩のところまで来た。

ベテランの連勝を阻止すべくスコアを伸ばしてきたのは、29歳のクリス・ライリーだ。初日2オーバーと出遅れたライリーだがその後はボギーを1つも叩かず、2日目に5つ、そして3日目に7つのバーディを奪い10アンダーまで伸ばした。ライリーと同じく2位にはウィリー・ウッドも並んでいる。

そして、9アンダー4位にケニー・ペリーが控えている。近シーズン絶好調のペリーにとって、首位と2打差はあってないようなもの。全英では最終日にスコアを伸ばせなかったが、米国に帰ってきたとたんに優勝争いに加わるペリーの強さはホンモノ。タイガーウッズのシーズン4勝に並ぶチャンスだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 グレーターハートフォードオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!