ニュース

米国男子BCオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 BCオープン
期間:07/17〜07/20 場所:エンジョーイGC(ニューヨーク州)

4人が12アンダーで並んだ!

2003年米国男子ツアー第28戦『B.C.オープン』2日目。朝から雷雨で2度の中断を余儀無くされスタートが5時間遅れた。最終組は午後7時のスタートになるなど、結局70名がプレーを終了できず、日没サスペンデッドとなった。プレー再開は現地時間(米国東部)明朝11時30分より再開する予定となっている。

この中、12アンダーを記録している4名が暫定で首位に立った。アレックス・チェッカ、パット・ベイツ、ブレット・クイグリー、そして初日トップのスティーブ・ラウリー。このうちラウリーはプレー途中で11番ホールを終了したばかり。明日残りを消化することになる。

<< 下に続く >>

午後からは天候も回復し、コースも水はけが良いことから全選手ともスコアを伸ばしてきた。トップグループにいるベイツは、暫定ながら2日目ベストスコアの63をマーク。「排水が良いから雨のあとでも気にならなかったし、無風だからスコアを伸ばすには最高のコンディションだった」と語るように、1イーグル、7バーディと思い通りのゴルフを展開した。今季は21試合に出場したが10試合で予選落ちを喫しており不調が続いていたが、ここで飛躍を期する。

日本勢では田中秀道貞方章男がともに6アンダーでプレーを終了。暫定30位で、ほぼ決勝ラウンド進出が確実となっている。他では久保谷健一が2アンダーとスコアを伸ばしたが75位タイ、清田太一郎は2日間ともパープレーで99位タイ。

初日5アンダーと好調な出だしとなった横尾要は5番ホールを終了してスコアはそのまま。一時は3アンダーまでスコアを落としたが、何とか取り戻している。そして宮里優作は8番ホールを終えてスコアは変わらず4オーバーのまま。

予想カットラインは3アンダーで、久保谷、清田、宮里の3人は厳しい状況だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 BCオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!