ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ベルサウスクラシック
期間:04/03〜04/06 場所:TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

13アンダー、ベテランのジャンセンが1歩抜け出した!

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで開催されている、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の3日目。好天の中、上位選手はスコアを伸ばしてきた。そして、8アンダー首位タイからスタートしたリー・ジャンセンが、5ストローク伸ばし13アンダーで単独首位に立った。

首位と2打差の11アンダーには、こちらもベテランで3月以降好調なゴルフが続いているボブ・ツエーがつけている。今シーズンのツエーは、2試合連続の予選落ちで開幕した。しかし、3つ月に入り、4位、3位、17位と常に上位に名を連ねている。1995年以来の優勝を狙う。

<< 下に続く >>

この日最もスコアを伸ばしたのは、1オーバー60位からスタートしたベン・クレーンだった。4番から3連続バーディ、12番からは2連続。そして16番ホールからの上がり3ホールでも3連続バーディを奪い8ストローク伸ばした。64ストロークでラウンドし一気に7位まで浮上してきた。

この日上位選手でスコアを崩したのは、ディフェンディングチャンピオンのレティーフ・グーセンだけだった。ショット、パットが噛み合わず、15番ではグリーンのガードバンカーに捕まり3つ目のボギー。スコアを2つ落として23位まで後退してしまった。

注目の日本勢だが、この日最上位に浮上したのは、田中秀道だった。前半2つスコアを落とし通算1オーバーになったが、後半4バーディ、ノーボギーで3アンダー30位まで順位を上げた。

その田中に1打差の34位には、久保谷健一貞方章男が並んだ。田中と同じように前半の9ホールで苦しんだ2人だが、後半は自分のゴルフを取り戻しスコアを伸ばしていた。

そしてもう1人、今週がシーズン初試合で予選通過をした今田竜二は、3人とは全く異なる内容だった。前半1バーディ、1ボギーと安定したラウンドをすると、後半は2つのボギーに、ダブルボギーまで飛び出した。しかし、1オーバーに止め通算3オーバー68位となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ベルサウスクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!