ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

トランジションズ選手権
期間:03/15~03/18  場所: イニスブルックリゾート(フロリダ州)

J.ダフナーが首位浮上!石川&今田は無念の予選落ち

2012年 トランジションズ選手権 2日目 ジェイソン・ダフナー
伸び悩んだP.ハリントンをとらえたJ.ダフナー。トーナメントリーダーで決勝ラウンドに入る【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.ダフナー -10 132
2 P.ハリントン -8 134
2 W.マクガート -8 134
4 C.カウチ -7 135
4 G.マクニール -7 135
4 L.ドナルド -7 135
4 ベ・サンムン -7 135
4 K.デューク -7 135
9 J.フューリック -6 136
9 J.センデン -6 136

スコア詳細を見る

◇米国男子◇トランジションズ選手権 2日目◇イニスブルック リゾート(フロリダ州)◇7,340ヤード(パー71)

初日にコースレコードとなる10アンダー「61」をマークしたパドレイグ・ハリントンが、スコアを2つ落として通算8アンダーの2位タイに後退。代わって首位に浮上したのは、この日5バーディを奪ったジェイソン・ダフナーだった。予選2日間5ストロークずつ伸ばし通算10アンダーとしている。

ハリントンと並び2位タイにはウィルアム・マガートが並び、通算7アンダー4位タイには韓国のベ・サンムン、世界ランキング1位奪回を狙うルーク・ドナルド(イングランド)など5人が並ぶ混戦状態となってきた。

初日2オーバー109位タイと出遅れた石川遼は、3バーディを奪うもボギーが4つとスコアを1つ落としてしまい通算3オーバー。3オーバー120位タイスタートの今田竜二もスコアを2つ落として通算5オーバー、日本勢2人は予選で姿を消すことになった。

<大混戦!J.ダフナーは初勝利のチャンス>
初日「61」のコースレコードをマークしたハリントンが“急停車”し、一気に混戦模様を呈した。同選手が「73」とスコアを2つ落として陥落した一方で、単独首位に立ったのが2日連続で「66」をマークしたダフナー。「ストレスの無いラウンドで、ショットにすごく満足している」。今田竜二のよき友人としても知られる34歳が、全選手中唯一の2日間ノーボギーラウンドで、ツアー初優勝へ最高のポジションでトーナメントを折り返した。

初日のハリントンの驚愕スコアにも「とんでもないロースコアが出た翌日は、次の日に同じようにいいスコアをマークするのは難しいもの」と淡々と自分のプレーに集中。ダフナーはキャリアの中で2位が3度。昨年の「全米プロゴルフ選手権」ではプレーオフでキーガン・ブラッドリーに敗れ、涙を呑んだが、機は熟したと言っていいはずだ。一方のハリントンも3つのボギーを悔やみながらも「こういうことは良くあること。今日が日曜日でなくて良かった。勝つために流れを掴みたい」と再浮上に意欲を語っていた。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~