ニュース

米国男子マヤコバゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マヤコバゴルフクラシック
期間:02/23〜02/26 エル・カマレオンGC(メキシコ)

大混戦の幕開け! W.クラクストンが単独首位に

◇米国男子◇マヤコバゴルフクラシック 初日◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇6987ヤード(パー71)

首位と2打差に16人。本命不在の一戦を物語るように、上位が目まぐるしく入れ替わる幕開けとなった。その大混戦を一歩抜け出したのが、ツアー未勝利のウィル・クラクストン。前半のインで1つ伸ばして折り返すと、後半の2番から4連続バーディを奪取。5バーディ、ノーボギーの「66」、5アンダー単独首位でホールアウトした。

06年のプロ転向後から下部ツアーでも結果を残せず、2011年を終えてレギュラーツアー参戦は僅かに1試合。同年のファイナルQTで18位に入り、ようやく自身初のツアー出場権を手にした30歳が健闘を見せている。

4アンダーの2位タイに、チャールズ・ハウエルIII、21歳の新鋭ジョン・ハーマット・エブリー、グレッグ・オーエン、マーク・ターネサ、アレハンドロ・カニサレス(スペイン)、マーク・D・アンダーソンの7人が集団を形成している。ハウエルIII、ターネサを除いた5人はいずれも米ツアー未勝利。初タイトルを巡る熾烈な争いは2日目以降も続きそうだ。

3アンダーの9位タイにノ・スンヨル(韓国)、ケビン・スタドラーら8人。ニック・プライス(ジンバブエ)が2アンダーの17位タイ、トム・レーマンが1アンダーの28位タイと、チャンピオンズツアーで活躍するシニア勢も上位をうかがえる位置につけている。前年覇者で今季1勝を挙げているジョンソン・ワグナーは2オーバーの64位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 マヤコバゴルフクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。