ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

T.ウッズ3位浮上 首位C.ウィを4打差で追い最終日へ!

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ3日目◇ペブルビーチGL(6816ヤード、パー72)、モントレー・ペニンシュラCC(6838ヤード、パー70)、スパイグラスヒルGC(6858ヤード、パー72)=いずれもカリフォルニア州

3日間にわたり全選手がそれぞれ3つのコースをプレーする予選ラウンド最終日。2日目を終えて単独首位に立っていた韓国のチャーリー・ウィはスバイグラスヒルを「69」で回り、通算15アンダーとして2位以下に3打差をつけたまま、その座をキープ。単独2位にはモントレー・ペニンシュラで「65」をマークした43歳のケン・デュークが浮上した。

そしてツアー初勝利がかかる上位2人を追い、通算11アンダーの単独3位まで順位を上げたのが、ペブルビーチをラウンドしたタイガー・ウッズだ。6アンダーの17位タイからスタートすると、前半12番(パー3)で、ティショットをグリーン左に大きく外しボギーが先行。しかし続く13番では、左サイドのフェアウェイバンカーからの第2打が、グリーン右のラフでキックしてピン手前30センチにピタリ。このラッキーなバーディで勢いづくと、15番までに3連続バーディ。さらにその後3つのバーディを決め、中盤のラッシュで「67」と5ストローク伸ばした。

「昨日までの2日間と比べてショットは良くなかったけれど、いいパットがいくつもあったし、マネジメントがうまくいった」。前日33だったパット数は27と向上。寒空の下でショットに苦しみながらも、少ないチャンスをきっちりと活かし、幸運にも恵まれる流れ。昨年末、自身がホストを務める「シェブロン・ワールドチャレンジ」を制したが、レギュラーツアーでの復活優勝となれば2009年11月の欧州ツアー「JBWereマスターズ」、米国ツアーでは同年9月の「BMW選手権」以来となる。「ここにいるためにプレーしている。ハードなトレーニングを積んで、練習を重ねるのは、こういったポジションに自分を置くためなんだ」。自身の今季初戦となった1月末の欧州ツアー「HSBCアブダビ選手権」では最終日に伸ばせず3位タイに終わったが、“ホーム”の米国でのプレーに注目が集まる。

そしてトップからは6打差、タイガーを2打差で追うのは同じくペブルビーチをプレーしたフィル・ミケルソンケビン・ナハンター・メイハン、そして3度目の大会制覇を狙うダスティン・ジョンソンらと並び通算9アンダーの4位タイにつけた。

最終ラウンドはメインコースのぺブルビーチGLで行われる。通算8アンダーの9位タイにパドレイグ・ハリントン(アイルランド)ら3人。ビジェイ・シン(フィジー)はジェフ・オギルビー(オーストラリア)らと同じく7アンダーの12位タイ。また、今田竜二は通算イーブンパーの69位タイで予選を通過したが、最終ラウンドのプレー人数制限(MDF)のため、最終日はラウンドできない。リッキー・ファウラーはカットラインに1打足りず予選落ちした。

2012年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~