ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

日本勢は出遅れ!高山が64位Tで日本勢最上位・・・

◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ初日◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7,068ヤード(パー70)

初日に単独首位に立ったのは、7アンダーをマークしたグラハム・ディレット(カナダ)。この日中盤から勢いを見せると、あがり2ホールで連続バーディフィニッシュとし、後続に2打差をつけてリードしている。

5アンダーの2位タイにはカール・ペターソン(スウェーデン)、チェ・キョンジュ(韓国)、カイル・レイファースの3選手、さらに4アンダーの5位タイにはウェブ・シンプソンパット・ペレスバド・コーリーウィリアム・マクガートほか12選手が並んでいる。

毎年日本から多くの選手が出場する同大会には、今年も7名の日本人プレーヤーが参戦中だ。しかしこの日は高山忠洋がイーブンパーの64位タイ、続く石川遼今田竜二、アマチュアの松山英樹は1オーバーの80位タイ、武藤俊憲小田孔明は2オーバーの100位タイ、丸山茂樹は4オーバーの133位タイと日本勢は大きく出遅れた。

<日本勢は沈黙・・・最高位は高山の64位タイ>
7人が出場している日本勢では、イーブンパーで終えた高山の64位タイが最高位。高山は最終18番(パー5)でグリーン手前ラフからのアプローチをピンに絡めてバーディフィニッシュとした。ラインの読みや風に苦戦しながらも「ショット的には去年のシーズン終わりのころよりは状態がいい。酷かったカシオの時に比べれば遥かにいいですね」と、やや出遅れたものの、一時期の不調から脱する手ごたえを掴み納得の表情を浮かべた。

一方、米国スポット参戦4年目を迎えた石川遼は、1イーグル、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容に終わり、1オーバーの80位タイと出遅れ。2年連続出場となるアマチュアの松山英樹も得意とするアイアンショットの精度が乱れて80位タイ。日本勢で唯一の米国ツアープレーヤーの今田竜二も同じく80位タイに並んだ。

日本勢で予選突破圏内となる70位タイ以内に入っているのは、カットライン上にいる高山ただ1人。日本勢にとっては、厳しい状況の中で迎える2日目となる。

◆ソニーオープンinハワイ GDO×Ustream練習場ライブ中継◆
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/pga/live/t2292.html
中継予定時間(すべて日本時間)
<初日=13日、2日目=14日>
第1部:午前1時~4時
第2部:午前5時30分~8時30分

関連リンク

2012年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~