ニュース

米国男子ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレンの最新ゴルフニュースをお届け

三つ巴を制したのはM.レアード! 今田竜二は58位タイ

ネバダ州ラスベガスにあるTPCサマリンで開催されている、米国男子ツアー第40戦「ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン」の最終日。三つ巴のプレーオフの末に、マーティン・レアード(スコットランド)が勝利を手にしている。

混戦で始まった戦いは、混戦で幕を閉じた。チャド・キャンベルジョージ・マクニール、レアードの3人が通算19アンダーでフィニッシュし、プレーオフに突入。18番で実施されたプレーオフ1ホール目をいずれもパーで切り抜けると、続く17番でのプレーでキャンベルがボギーを叩き脱落。再び舞台を18番に移して争われたマクニールとレアードの一騎打ちは、レアードがバーディを決めて決着。シード権獲得を確実にする大きな勝利を手に入れた。

プレーオフを争った3人に続いたのはジェフ・クラウクとジム・フューリック。32位タイからスタートしたフューリックは、インの前半に3バーディ、アウトの後半ではスタートとフィニッシュのバーディの間に4連続バーディをマークする猛チャージでベストスコア「62」をマーク。通算18アンダーとして、4位タイに順位を上げてフィニッシュしている。

通算17アンダー、単独6位にはチャーリー・ホフマン。続く通算16アンダー、7位タイにはアンドレス・ロメロ(アルゼンチン)、ティム・ペトロビックら7人が並んだ。なお、47位タイで最終日を迎えた今田竜二は、インの前半、スタートホールからいきなり連続でダブルボギーを叩き、大きくスコアを落してしまう。しかし、直後から3ホール連続でバーディを奪い返し、さらに2つバーディを追加して前半終了。1つスコアを伸ばして迎えた後半は4番でボギーを叩いて振り出しに戻り、結局通算7アンダーのまま、58位タイに後退して大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。