ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

日本ツアーでお馴染みのT.ハミルトンがトップ!2位にエルス、3位にミケルソンとグーセン、タイガーも優勝圏内!

スコットランドのロイヤルトゥルーンGCで開催中の第133回「全英オープン」3日目。最終組がスタートした直後、強い雨と風が選手を襲ったがすぐに回復。リンクス特有の悪天候は3日目も影を潜めた。

トータル8アンダーでトップに立ったのは昨年まで日本ツアーで活躍していたトッド・ハミルトン。3日目のベストスコアとなる4アンダー「67」でラウンドし、2日目の5位タイから浮上してきた。今季主戦場を米ツアーに移したハミルトンは3月の「ザ・ホンダクラシック」で米ツアー初優勝。勢いに乗って初メジャー制覇まで成し遂げられるのか。日本ツアー育ちのハミルトンだけに期待がかかる。

<< 下に続く >>

このハミルトンを1打差で追うのがアーニー・エルスだ。前半は思うようにスコアを伸ばせず途中までイーブンパー。しかし、スコアをキープするのすら難しい後半の13、15、16でバーディを奪いトータル7アンダーまでスコアを伸ばした。

3位には今年のメジャーを制しているフィル・ミケルソンレティーフ・グーセンが浮上。ミケルソンは前半3つスコアを伸ばし後半はパープレーというロイヤルトゥルーンGCの攻略セオリーどおりのプレーを展開。一方グーセンは6バーディ、3ボギーという出入りの激しい内容で3つスコアを伸ばし、2日目の10位から浮上してきた。

注目のタイガー・ウッズは1、2、4、7番でバーディを奪い前半の9ホールを4バーディで折り返すタイガーチャージを披露。難度が高い後半の9ホールでは1つスコアを落としてしまったがトータル4アンダーの7位タイまで浮上。久しぶりにメジャーでの優勝が射程圏内に入ってきた。

日本人選手の中では、神山隆志、深堀圭一郎平塚哲二が大健闘。神山がイーブンパー、一緒にラウンドした深堀と平塚が1アンダーで、トータルスコアは3人揃って1オーバー。23位タイにつけている。なお、最も活躍が期待されていた丸山茂樹はスタートホールでたたいてしまったダブルボギーから立ち直ることができず3つスコアを落としトータル4オーバー。51位タイに後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!