ニュース

米国男子MCIヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 MCIヘリテージ
期間:04/15〜04/18 ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

9打差を逆転!スチュアート・シンクがツアー3勝目を飾る

サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドにあるハーバータウンGLで行われている、米国男子ツアー第15戦「MCIヘリテージ」の最終日。首位と9打差の3アンダーからスタートしたスチュアート・シンクが猛チャージをかけてきた。

シンクは出だしの2番、3番で連続バーディを奪い幸先の良いスタートを切ると、5番パー5で快心のイーグル。その後も着実にバーディを積み重ねて今週のベストスコア“64”をマーク。通算10アンダーで先にホールアウトした。

ツアー初優勝を狙うテッド・パーディは12アンダーの首位からスタート。前半はバーディの後にボギーを叩くなどスコアを伸ばせず、前半を折り返す。後半に入ると10番、15番でボギーを叩いてしまい、9打差あったシンクに並ばれてしまった。上がり3ホールでもバーディを奪うことができず、昨年と同様、勝負の行方はプレーオフに持ち越された。

プレーオフでは、再三シンクにチャンスが訪れたがそれを活かすことができず、プレーオフは5ホール目に突入。このホールでバーディチャンスにつけたシンクはこれを確実に決め、長い戦いにピリオドが打たれた。シンクは2000年に今大会を優勝して以来、久々の勝利。ツアー通算3勝目を飾った。

そのほか、優勝候補に挙げられていたアーニー・エルスは、この日2つスコアを伸ばすも一歩とどかず、8アンダーの3位タイでフィニッシュ。連覇のかかっていたデービス・ラブIIIは、ダブルボギーを叩くなどスコアを伸ばすことができず、1アンダーの32位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 MCIヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。