ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2005年PGAツアーの最難関コースは?

2005/12/16 09:00

PGAツアーで使用されるコースは選手に絶賛されるもの、あるいは選手の泣きが入るものなど様々。今年選手達が最も苦労したコーストップ5を取り上げてみた。

第5位は「バークレーズ・クラシック」の舞台、ウェストチェスターCC。全長6,800ヤード強とトップ5の中では最も短いコースながら平均ストロークは73.033とタフなコース。

第4位は「MCIヘリテージ」が開催されるハーバータウン・ゴルフリンクス。パー71のこのコースの平均ストロークは73.246。7000ヤード弱のハーバータウンはタイトなレイアウト。そして木が多いことで知られている。

第3位は今年最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」が開催されたバルタスロール。ミケルソンの優勝が強烈な印象を残したこのコースはトップ5の中で最も長い7392ヤードのパー70。「全米プロゴルフ選手権」に出場した選手は平均でおよそ2.453ストローク上回っていた。

第2位は「ベル・カナディアン・オープン」の舞台。美しさを誇るシャウネシーG&CC。高い木に深いバンカーの全長7,000ヤード強のこのコースの平均スコアは72.533。

そして2005年PGAツアーで最も難しかったコースはUSGAが選んだ「全米オープン」の開催コース、パインハーストNo.2コース。7,214ヤードのパー70のこのコースでは悪名高きラフと高速グリーンで世界のトッププレーヤーもアマチュアかと思わせるようなプレーを強いられる。今年の平均ストロークは74.866とおよそ4ストローク多くなっていた。

おすすめ記事通知を受け取る



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。