ニュース

米国男子MCIヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 MCIヘリテージ
期間:04/14〜04/17 ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

最終日に崩れたダレン・クラークを振りかえる

大柄で何事にも動じない精神力の持ち主、ダレン・クラーク。しかし、先週開催の「MCIヘリテージ」で意外な精神面のもろさを見せてしまう。最終日を迎えたクラークは序盤でトップに浮上、一時は余裕のリードを奪っていたが、ショットのブレは最後まで止まらず、結局クラークは優勝を逃してしまう。

クラークは出だし5ホールで4バーディを奪うなど、トータル14アンダーまで伸ばす。そして2位に4打差をつけ迎えた6番、ここでパーパットを外し、リードは3ストロークに。続く7番パー3のバンカーからの2打目。クラークはこのホールでもパーセーブに失敗、12アンダーに後退。8番パー4ではティショットを引っ掛けてしまい池ポチャ、ダブルボギーを叩き10アンダーにスコアを落とす。

後半に入ってからは12番をバーディ、13番パー4ではバンカーからの3打目という場面。ここでクラークはバンカーから脱出できず、またもやダブルボギーを叩き9アンダー。ピーター・ロナードと並んでしまう。続く14番パー3ではサイドバンカーからの2打目でピンを狙う。しかし、ボールはグリーンを転げ落ち、池ポチャかと思われたが辛うじて免れる。ボギーを叩いたクラークは8アンダーとなったが、トップタイの座は変わらず。そして15番パー5ではバーディチャンス迎える。クラークはこれを外したうえ、この後の返しのパットも外し7アンダー。そして最終18番パー4。クラークは2打目で引っ掛けてしまいロストボールでダブルボギー。7番からの12ホールを9オーバーとしたクラークはトータル5アンダーの2位タイに終わっった。

スポーツ心理学者がクラークの敗因を分析

スポーツ心理学者でクリス・ディマルコのコーチとしても知られるジオ・バリアンテにダレン・クラークの「MCIヘリテージ」での敗因を語ってもらった。

ジオ・バリアンテ
「よく見られることですが、優勝争いの中でメンタルなミスをしてしまったことが原因です。彼は自分のフィーリングだけに頼って判断を誤ってしまいました。本人もコメントしていましたが、18番ホールで8番アイアンでまともにピンを狙ってしまいました。スイングが乱れているのに攻めのゴルフをしたらチャンピオンシップコースではその報いを受けなければなりません。日曜日のクラークはずっと正しい判断力に欠けていたように思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 MCIヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。