ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ベイヒルインビテーショナル
期間:03/18〜03/21 ベイヒルGC&ロッジ(フロリダ州)

C.キャンベルが逆転優勝、丸山茂樹は6位!

フロリダ州オーランドにあるベイヒルGC&ロッジで行われている、米国男子ツアー第11戦「ベイヒルインビテーショナル」の最終日。首位のスチュアート・アップルビーと4打差のチャド・キャンベルが猛追撃を見せた。

前半アップルビーが伸び悩む中、キャンベルは3ストローク伸ばして、アップルビーに肉迫した。14番でアップルビーがパーパットをはずし、キャンベルがついに首位を奪取。その後15番、16番で連続バーディを奪いアップルビーを突き放したキャンベルは通算18アンダーでキャリア通算2勝目を飾った。昨年は「全米プロ選手権」で2位、「ザ・ツアー選手権」で初優勝を飾るなど、一目置かれる選手に成長。今年この優勝を機に、さらなる活躍が期待される。

そのほか4位からスタートした丸山茂樹は、前半で2つスコアを伸ばして首位との差を縮めた。しかし15番で3パットでダブルボギーを叩くと、17番パー3ではティショットを大きくショートするなどこのホールもダブルボギーとしてしまい、ズルズルとスコアを下げていく。最終18番では距離のあるパーパットを沈め通算8アンダーの6位に踏み止まった。試合後のコメントで「悪いイメージが残ってしまい体が動かなかった。この経験を活かしてもっと強くなりたい」と語った。

一方、前人未踏の大会5連覇の記録がかかっていたタイガー・ウッズは、この日1バーディ2ボギーとショット、パットともに精彩を欠き、通算イーブンパーの46位で競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ベイヒルインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。