ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイックインビテーショナル
期間:02/12〜02/15 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

丸山茂樹1打届かず、優勝はジョン・デーリー!

カリフォルニア州ラホーヤにあるトーレパインズGCノースとサウスの2コースで行われている、米国男子ツアー第6戦「ビュイックインビテーショナル」の最終日。決勝の舞台は、米国男子ツアーの中で最も長い7,568ヤードのサウスコース。難コースのため上位陣が揃って足踏み状態となり、優勝争いは混沌としてきた。

そんな中、日本の丸山茂樹が10番まで4つストロークを伸ばし、通算10アンダーで上位陣を脅かす。しかし、15番でボギーを叩いてしまい首位に1打届かず、通算9アンダーの4位で競技を終えた。丸山は3日目のラウンド中に左足を怪我してしまったが、それを感じさせないすばらしいプレーを披露した。

優勝争いの方は、この日3つスコアを伸ばしたルーク・ドナルドとクリス・ライリーが通算10アンダーでトップ。そして13アンダーの単独首位からスタートしたジョン・デーリーがこの日3つスコアを落としてトップに並び、三つ巴のプレーオフに突入。

プレーオフ1ホール目の18番パー5。デーリーは、果敢に2オンを狙うが右奥のバンカーに捕まる。ドナルドとライリーは3打目勝負でどちらともピンそば2メートル以内につけバーディチャンス、デーリーにプレッシャーをかける。勝負を左右する3打目のバンカーショット、デーリーはピン側10センチにつけるスーパーショットを見せつけ、形勢逆転。ドナルドがバーディパットをはずすと、ライリーもカップをけられ、デーリーが劇的な優勝を飾った。1995年の全英オープン以来190試合ぶりの優勝。PGAツアー通算5勝目をマークした。

注目選手のタイガー・ウッズは、最終日に3つスコアを伸ばして通算8アンダーの10位タイでフィニッシュ。また、フィル・ミケルソンはこの日のベストスコア“67”をマークし通算9アンダー。丸山と並び4位タイでホールアウトした。そのほか4位グループには、トーマス・ビヨーンイェスパー・パーネビックなど総勢6人が並んだ。

日本勢は、田中秀道が2つスコアを落として通算1オーバーの53位タイ。深堀圭一郎が3つスコアを落とし通算7オーバーの80位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。