ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/15〜01/18 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

デービス・ラブIIIが本領発揮!首位に肉迫

ハワイ州オアフ島のホノルルにあるワイアラエCCで行われている、米国男子ツアー第2戦「ソニーオープンinハワイ」の3日目。ムービングデイにふさわしく、2桁アンダーが続出。ワールドランキング上位のデービス・ラブIIIやアーニー・エルスが勝負を懸けてきた。

5アンダーからスタートしたラブは、1番、3番でバーディを奪い、好スタートを切ると、9番で快心のイーグル。後半に入っても勢いは止まらず、この日、1イーグル5バーディとベストスコア“63”をマーク。通算12アンダー、トップと2打差まで追い上げ、順位も18位から3位に急浮上した。

<< 下に続く >>

大会連覇を狙うエルスは、9アンダーからのスタート。17番パー3でピン側1メートルにつけるなど、随所にスーバーショットを披露し、バーディを確実に積み重ねた。通算13アンダーまで伸ばし、トップを走るハリソン・フレイザーを、射程距離にとらえた。

単独首位に踊り出たのは、10アンダーの2位からスタートしたハリソン・フレーザーだ。この日、出入りの激しいゴルフでなかなかスコアを伸ばせずにいたが、上がり3ホールで3連続バーディ。この勢いのまま、最終日逃げ切りを図る。

一方、7アンダーの5位につけ、日本人の期待がかかった谷原秀人だったが、この日はショットの精度を欠き、スコアを2つ落としてしまった。3日目を終え、通算5アンダーの27位と大きく後退。また、丸山茂樹はショットが冴え、バーディチャンスにつけるが、先週の大会「メルセデス選手権」同様、パットのタッチが合わず波に乗れない。この日1つスコアを伸ばし、通算3アンダーの48位。田中秀道は、1つスコアを落とし、通算2アンダーの56位。久保谷健一は、スタート時と変わらず、通算1アンダーの62位でホールアウトした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!