ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

小寺大佑が人生初のホールインワンを達成 団体3位キープに貢献

2018/06/13 18:48


◇2018トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL 2日目◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843yd (パー71)、女子6130yd (パー72)

3年ぶりの優勝を狙う日本チームにグッドニュースが飛び込んだ。個人戦で2オーバー35位スタートの小寺大佑(大阪学院大高2年)が、後半4番165ydのパー3で人生初のホールインワンを達成。この日1イーグル3バーディ、1ボギー、チームベストとなる「67」で団体戦3位キープに貢献し、個人でも通算2アンダーの12位タイに浮上した。

前日は「ピッタリだと思った」という7番アイアンでのショットはキャリーでグリーンオーバー。その反省を踏まえ、この日は8番アイアンで打った。「ピンより左に飛んだけど、風で戻ってきた。入ったところは確認できなかったけど、カップインする音が聞こえて入ったのが分かりました」。自身初のホールインワンに「嬉しかったけど、そんなに…」と、はにかんでみせた。

マイペースで真っ直ぐな性格は、チームではいじられキャラとして愛されている。今大会で2度目という海外選手とのラウンドは、初日は途中で話しかけられ、「ビビった」と鳥肌が立ったという。そんな同伴競技者とも2日目となれば打ち解けて、ホールインワンを達成した際にはハイタッチを交わした。普段から周りは気にしないタイプだが、「英語は全然分からないので、いい意味で集中できています」と、心強い。

課題はパッティング。それでも「きのうよりはタッチが良くなった」というように、この日の最終ホール9番パー4では、カラーからのロングパットを沈めてバーディフィニッシュ。団体戦では首位と5打差あるものの、「諦めちゃダメ」と前を向く。「パットが良くなれば『66』、『65』だって出せる」。3日目はきょう以上のビッグスコアを目指す。

トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~