ニュース

米国男子HP バイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

今田竜二、フォーティーンの長尺ドライバーに挑戦中

3週間前、国内男子ツアーの「つるやオープン」で66歳の尾崎将司が「62」のエージシュートを達成したニュースは、皆さんの記憶にも新しいだろう。その時、尾崎が口にしたのは、近年の飛距離アップに対抗するために長尺ドライバーを武器としていたこと。その対策は、決してベテランだけのためでは無い。

2週間前のウェブドットコムツアー「スタジアムクラシック at UGA」で、今季初のトップ10入りとなる8位タイに入った今田竜二。その時に使用していたのは、通常の44.5インチから1.5インチ(約3.8センチ)長くした46インチの新ドライバーだった。

<< 下に続く >>

ヘッドはフォーティーンが開発中のプロトタイプ。特に長尺シャフトに合わせて重心深度や重心距離を調整し、再現性の高いスイングが行えるようにチューニングされたものだという。

フォーティーンの鴨田氏は言う。「プレッシャーの中で、振り遅れたり、頼りなさがあったらしたらダメなので、ドライバーからウェッジまで一定の重心距離であることが理想。シャフトの長さとのバランスが重要で、プロのスイングに合わせたものを提案しています」。

先述のウェブドットコムツアーは最終日が悪天候でキャンセルとなった。今田は「練習場と試合では違う。少しでも緊張感のある中でゴルフをしたかった」と、貴重な機会を流した雨を恨んだが、今週の「バイロンネルソン選手権」は直前の日曜日に滑り込みで出場権を獲得するという幸運も巡ってきた。

「少し右に行くことがあった」という課題を修正するために、今大会の練習場では45.5インチと半インチ短くしたドライバーを試打するなど、精力的に突破口を探している。

「ウェブドットコムツアーは若い人が多くて飛ばし屋もいる。コースも長くなっているし、ここ10年でゴルフが変わってきている」と今田は言う。飛距離が絶対ではないが、2打目以降の番手が数番手違うだけで、ピンに絡む確率がまた違ってくるのも事実。選手とメーカーの協力で、層の厚い米ツアーで戦うための試行錯誤が続いている。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 HP バイロンネルソン選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!