ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

やさしい『ビジール』を投入 イ・ボミの開幕セッティング

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 事前情報(27日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72)

本間ゴルフ契約の看板プロであるイ・ボミは、やさしさを求めるゴルファーに向けた同社のブランド『Be ZEAL(ビジール)』のクラブを2018年シーズンに投入する。「ダイキンオーキッドレディス」では、開幕2日前の練習日に1Wとユーティリティを入れてラウンドをこなした。

輝かしい実績をともにしてきた、よりハードモデルの『ツアーワールド』ブランドからの転向。オフシーズンの試打で好感触を得て、本格的な切り替えを進めてきたという。

1Wは最新モデルの『ビジール 535 ドライバーを使用。従来モデルと比較してフェース反発力のアップと低重心化をうたう通り、「球が上がりやすいし、芯に当たらなくても距離が落ちにくい」とイの評価は高い。

ただ、実際にラウンドすると「まだまだです。良いショットもミスショットも出る」と歯切れは悪い。「ヘッドとシャフトのマッチングが難しい」と、この日も数本のシャフトを試すなど課題は多い様子だ。それでも「ビジールを使いたい」との思いは強く、開幕前日のプロアマラウンドで仕上げていく構えだ。

一方、22度と25度のUT『ビジール 535 ユーティリティ』は「球が上がるしスピン量も多い。すぐに替えることができた」と不安はない。フェアウェイウッドとアイアンは昨季と同モデル。ウェッジはタイトリストの最新モデル『ボーケイデザイン SM7 ウェッジ』を使用する予定。

イ・ボミの使用予定クラブ>
ドライバー:本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー(10.5度)
※シャフト:本間ゴルフ VIZARD EX-A 55(硬さR)
フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW737 フェアウェイウッド(3番15度、5番18度)
ユーティリティ:本間ゴルフ ビジール 535 ユーティリティ(22度、25度)
アイアン:本間ゴルフ TW727Vn アイアン (6番~10番)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザイン SM7 ウェッジ(52度、58度)
パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #1SH
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール

本間ゴルフ
スリットの工夫で飛距離ロス軽減
発売日:2017/12/22 参考価格: 75,600円

関連リンク

2018年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~