ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「いま僕はココにいます」Vol.71 スコットランド編

2019/09/26 12:01


人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・26歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で、6年間のプロ生活で巡った国の数は実に40に到達。キャディバッグとバックパックで世界を飛び回る渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、エジンバラにいます。

前週、韓国での「シンハン ドンヘ オープン」は体調不良で残念ながら欠場しました。ハードスケジュールでたまっていた疲れを日本で癒し、今週は欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権」に出場します。韓国・仁川、カタールのドーハを経由してスコットランドにやってきました。

今大会はアマチュア2人、プロ2人が1組でプレーするフォーマット。予選の3日間はセントアンドリュース・オールドコース、カーヌスティ、キングスバーンズGLという、名門コースを各日プレーします。

カーヌスティは昨年の「全英オープン」でプレーし、セントアンドリュースはその遠征中に立ち寄って、念願のプライベートラウンドを楽しむことができました。キングスバーンズGLは今年7月「スコットランドオープン」の後に練習ラウンド。どこももちろん伝統的なリンクスコースですが、やはり試合になるとコンディションも素晴らしく、雰囲気が途端に増します。

“ゴルフの聖地”セントアンドリュースは特に、子どもの頃は「全英」でしか試合でプレーできないと思っていました。欧州ツアーの1試合という、違う形ではありますが、夢がひとつかなったようでとても嬉しい。

自然がつくったコースと言われるだけあって、ボールがイレギュラーバウンドをしたり、ときには良いショットが不運な結果になったりすることはどうしてもあるでしょう。そんな運命のイタズラともうまく付き合いながら、あまり腹を立てずにプレーすることを目指したい。フェアウェイは広いですから、神経質になりすぎずに頑張りたいと思います!

〈今週のランチ〉
開幕2日前の火曜日に練習ラウンドをしたセントアンドリュース。9番ホールに『ハーフウェイハウス』というサービスを発見しました。サンドイッチやカップスープなどが無料で振舞われていてビックリ。小ぶりのベーコンチーズバーガーをおいしくいただきました。

おすすめ記事通知を受け取る
旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(26)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

関連リンク

2019年 アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。