ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、1億円突破は約9年も記録を更新だ!!

国内男子ツアー「カシオワールドオープン」で13位タイに入った石川遼は、最終戦の「日本シリーズ」を前に大記録を達成した。国内男子ツアーでは31人目の年間獲得賞金1億円突破。これまで日本人選手では22人しか達成していなかった記録を17歳2ヶ月13日で成し遂げた。

これまでの記録は、1995年に丸山茂樹が26歳2ヶ月21日での達成が最年少記録だったが、石川はそれを約9年も更新する快挙を成し遂げたのだ。

シーズン前、石川本人もそして周囲の関係者も「今年はシード権確保あたりが妥当・・・」と考えていた。もちろん目標はさらに高いところにあったが、プロの世界は甘いものではなく、体力面でも試合数は15試合程度にすると思われていた。

ところが、今季石川が試合を休んだのは中国で開催された「パインバレー北京オープン」の1試合のみ。次週の最終戦も出場予定のため、合計24試合に出場することになる。シーズン序盤、そして中盤に2度の連続予選落ちが続いたが、石川はドライバーショットの精度を高めることで自信を持って戦い、ついには「マイナビABCチャンピオンシップ」でツアー2勝目(プロ転向後の初優勝)を果たした。

そして現在の賞金ランキングは堂々の5位。16歳のアマチュアとしてツアー優勝したハニカミ王子は、たった1年で日本のトッププロの仲間入りを果たしてしまった。「20歳でマスターズ制覇」という小学校の頃に掲げた夢も、不可能とは思えなくなってきた。この成長の勢いはどこまで突き進むのか、早くも09年の動向が注目されている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。