ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼はショットに自信持てず 圧勝ムードから惜敗「来週は優勝したい」

「自分のショットに自信が持てず、スキを見せてしまった」。国内男子ツアー「カシオワールドオープン」最終日。1打差リードの単独首位からスタートした石川遼は「68」としながらもハン・ジュンゴン(韓国)に逆転を許し、優勝スコアに1打届かない通算14アンダーの2位で終戦。後半12番のダブルボギーが最後まで重くのしかかり、目前にあったホスト優勝を惜しくも逃した。

序盤からショットとパットが噛み合い、前半だけで4バーディを奪取。サンデーバックナインを前に2位のハンに3打差のリードをつけ、圧勝の雰囲気すら漂わせた。10番(パー5)は1Wの1打目を左に曲げながらも、3打目をピンに絡めて5つ目のバーディ。しかし、この1Wのミスショットが石川の歯車を大きく狂わせた。

「(ミスの原因が)何か分からないまま打ってしまった」と振り返る12番のティショット。1Wから放たれたボールは再び大きなフック軌道を描き、左サイドのOBゾーンへと消えた。4オン2パットのダブルボギー。ハンとの差は一気に1打に詰まり、14番の3パットボギーで逆に1打差を追う立場に変わる。17番では、グリーン左のカラーから7ydをパターでねじ込みハンに追いつくが、勝負をかけた最終18番(パー5)で再びショットへの後悔を残すことになる。

ともに1打目をフェアウェイに運び、2打目は2オンを選択。先に打ったハンが残り273ydから3Wでピン右手前3.5mに乗せ、絶好のイーグルチャンスを作った。対する石川は、残り250ydから「いっぱいいっぱいの距離」という3Iを選択する。手前に2オンさせたものの20mのロングパットを残し、結果的にイーグルパットを沈めたハンに軍配。2打目の精度が勝負を分ける一因となった。

最良の結果を想定しても「手前7~8mだった」という3Iの選択について「今思えば5Wで打てば良かったと思うけど、5Wでカットに打てる自信がなく、イメージができなかった」と明かした。「今は5Wで1つの球筋しか打てない状態。良いときはそんなことはないけれど…」。

「悔しいけれど、モチベーションは上がっている。こうなったら、来週は優勝したい」。もどかしさと反省、そして悔しさの全てを、次週の国内ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」にぶつける。(高知県芸西村/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。