ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2年ぶり5度目の賞金王を確定させた片山晋呉

2008/11/30 21:04


2008年度、国内男子ツアー全25戦の24試合が終了した。そしてこの「カシオワールドオープン」終了時点で賞金総額1億7,794万4,895円を積み上げた片山晋呉が、2年ぶり5度目の賞金王に決定した。

「あまり実感はないですね。昨年は悔しい思いをして、丸1年やってきて・・・よく、また帰ってきたなとは思いますけど。これ以上の年をまた作れと言われても、もうないでしょう。日本オープンで25勝目を決めての賞金王。日本でのことで言ったら最高ですね」。

片山は今季これまで3勝しているが、「日本プロゴルフ選手権」「日本オープンゴルフ選手権」そして「三井住友VISA太平洋マスターズ」と、公式戦2試合を含め大舞台で勝利を飾ってきた。特に日本オープンでの唯一4日間通してアンダーパーでのラウンドは日本ゴルフ界の第一人者としての風格さえ漂わせていた。

「賞金王を落としてみて初めて分かることもたくさんある。それがあって今年があったということだと思う。夏ごろくらいから、矢野プロや谷原プロが『とるんだ、とるんだ』といっていることは知っていましたが、そう簡単に取れるものじゃないですよ。すぐ譲ってしまったらまずいでしょ。まだ、譲れませんね」。

次週には今季最終戦であり、国内メジャーの第4戦「日本シリーズ」が開催される。もう一つの国内メジャー「UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ」こそ優勝を意識しすぎてタイトルを逃したが、最終戦を飾ると共に年間国内メジャー3冠を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。