ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

パットに苦しんだ石川遼 2日間「0」から一転4ボギー

2015/11/28 18:14


国内男子ツアー「カシオワールドオープン」3日目。4打差リードの単独首位からスタートした石川遼は「ミスパットが多くて難しい1日だった」と3バーディ、4ボギー「73」と落としてホールアウト。同位置はキープしたが後続に1打差まで詰め寄られ、「このプレーをしていたら、あしたは勝てない。危機感がある」と、トーナメントリーダーに笑顔はなかった。

「2~3mのパットが思った通りに転がせず、決めたい距離がなかなか決まらなかった」と振り返った言葉がすべて、とも言えた石川のムービングデー。予選2日間のノーボギーラウンドを支えたパットがこの日は流れを削いだ。

10mからのファーストパットを2.5mオーバーさせ、返しを外した序盤の2番(パー3)で、今週38ホール目にして初めてのボギー。3番からは3ホール連続で3m前後のバーディチャンスを作ったが決められない。ならばと、直後の6番ではピンそば80cmにつけてバーディを返したのだが…。バーディをさらに2つ重ねて迎えた15番は1m弱、17番でも1m前後がカップを逸れ、大事な終盤でのパーセーブ失敗に呆然とした表情でボールを見つめた。

初日26パット、2日目25パットから、一転してこの日は32パット。「ちょっと考え過ぎなところがあるのかもしれない。練習が必要な感じです」と、ホールアウト後はいったん打撃レンジでショット練習を行い、人影もまばらになってから練習グリーンで黙々とボールを転がした。

明日はいずれも1打差に迫ったブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)とハン・ジュンゴン(韓国)との最終組決戦。何も積み残さずに、大会初制覇をかけた最終日を迎えたい。(高知県芸西村/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。