ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

~プロのこだわり5箇条~ <第69回>ジャック・ニクラス

<1>自分自身を知る
もっとも難しく、そして重要なことは自分がどんな人間なのかを正しく理解することです。受け入れたくない事実もありますが、自分の実力を見極めて、その範囲でのプレーに徹することが重要です。ハンディキャップ18のプレーヤーは、パーオンを狙うのではなく、3打目に最適なライで打てる場所にボールをおくことに集中するべきです。そうすれば結果的にパーがとれる確率があがり、スコアがよくなるでしょう。

<2>自分を責めない
自分より少し上手なプレーヤーと一緒にラウンドするときに、相手に負けまいと実力以上に頑張ろうとして失敗し、打ちのめされた経験はありませんか? もっともしてはいけないのは自分を責めることで、どんな状況でも、普段通りのプレーをすることが大切です。

<3>変化を恐れない
時間の経過とともに様々な変化があります。クラブやボールなどの劇的な進化とともに、ゲームも変わってきています。ゴルフ場も現代の基準に見合う設計に調整を加えるべきです。もちろん伝統が大切であることも理解していますが、変える必要があることともたくさんあります。

<4>個性を尊重する
自分を知ることの重要性をお話しましたが、その上で、性質に合ったゴルフの関わり方をするべきです。国、人種、環境、能力などは人それぞれですし、文化や習慣も違います。違いがあるから楽しいですし、お互いに尊重しあう必要があります。違う個性の人々と触れ合うことができたときに、本当に楽しいと感じます。

<5>楽しむ
大前提としてゴルフはゲームです。すべての人が楽しい経験をするためにプレーしているはずですが、結果的に自分を追い詰めていることがあります。多くのゴルファーが難しいセッティングや、バックティーなどでプレーすることがゴルフの楽しみだと勘違いをしています。ゴルフがみんなにとって楽しい経験であることが最も大切です。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~