ニュース

米国男子ザ・CJカップ@シャドークリークの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・CJカップ@シャドークリーク
期間:10/15〜10/18 場所:シャドークリーク(ネバダ州)

PGAツアープロの使用ギアチェック「CJカップ@シャドークリーク」

2020/10/19 11:03

今回は「CJカップ@シャドークリーク」にて、出場選手のバッグの中身を調査した。今週のラスベガス開催のトーナメントからは、新型ドライバーの投入など、選手たちが用具の変更により来月の「マスターズ」へ向けて調整する姿が垣間見えた。

最初の画像はマシュー・ウルフの使用するラスベガス仕様のパターカーバーと、最近実戦投入したテーラーメイドP7MCアイアン。その他のハイライトを見てみよう。

<< 下に続く >>

ピンの新しいG425ドライバーフェアウェイウッドは、今週からツアーでその姿を現した。同社はまだ詳細について口を閉ざしているが、先週ティレル・ハットン(イングランド)が欧州ツアー「BMW PGA選手権」を制覇していることから分かるように、選手たちの手応えは上々のようだ。

もちろん、ピンの新ドライバーのお披露目は、同社契約選手で最も有名なこの選手のカスタムピンクモデルなしにはあり得ないのである。

キャロウェイの新しいXフォージドCBアイアンが使用されている現場も目撃した。これはケビン・キズナーの使用クラブである。

テストの段階から、このメーカーの選手たちに提供するパターのバラエティの豊富さには、唸らされる。このソールに刻印の施されたベッティナルディ ヘクスペリメンタル プロトタイプもその一例である。

タイガーは来週「ZOZOチャンピオンシップ」まで出て来ないとばかり思っていたのだが…。

プロでさえ、基本練習は欠かさないのである。これは、ロリー・マキロイ(北アイルランド)がアライメントの確認をしているところ。

これが誰のバッグなのかは特定できていないが、シャドウクリークの練習レンジにて、誰かがフェアウェイウッドの分野で何かを模索していたのは確かなようだ。

もし、自分のニックネームがジョン・ラーム(スペイン)のランボーのようにクールな響きだったら、ウェッジに刻印だってしたくもなる。

こちら、キリンに着想を得たと思われる、スコッティキャメロンTNPプロトタイプパターである。なんてネックだ!

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2020年 ザ・CJカップ@シャドークリーク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!