ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

ストリールマン、好調の理由は“古い友人”との相性

By Sean Martin, PGATOUR.COM

今シーズン序盤から好成績を残しているケビン・ストリールマンは、“古い友人”と再びコースに出るようになった。

「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」前に、パターをオデッセイのツーボールパターに変更すると、同大会を2位で終え、今週マレーシアで開催されている「CIMBクラシック」でも2日続けて「68」を記録し、現時点で首位のビリー・ハーレーIIIと2打差の2位につけている。

<< 下に続く >>

本人はパターを変えたことについて、こう語った。

「不思議なものだよね。僕はスコッティ・キャメロンをコレクションしているし、パターには気を使っているけれど、これまでコンスタントに使ってきた古いタイプのオデッセイ、ツーボールタイプを使っている。結果的に、このパターがベストということなんだろうね。パターを過信するのではなく、使い方を把握しておく、とでも言うのかな」

ストリールマンは、パーオンホールが対象となるホールでの平均パット数でトップとなる、1.4打を記録している。

「気分を一新させることも必要。たまに違うクラブを使ってみると、全てが上手くいくこともある」(ストリールマン)

ストリールマンと1打差の3位タイにつけているセルヒオ・ガルシアは、パター自体を変えたわけではないものの、ここ3年使い続けてきたクローグリップからスタンダードグリップに変更した。練習ではスタンダードグリップを使用していたのことだが、パットのスピードコントロールが安定するスタンダードグリップを大会で使おうと決めたのは、今週に入ってからだと言う。

ガルシアは、「(ノーマルのグリップで)練習するのが好きなんだ。ここ数ヵ月くらい前から、プレッシャーのかかる大会でノーマルグリップを使うかどうか考えていた。感触はなかなか良いね」と、話している。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!