ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 クアラルンプールG&CC(マレーシア)

暑さと湿気対策に追われる「CIMBクラシック」のプレーヤーたち

By Sean Martin, PGATOUR.COM

アメリカ東海岸の多くが今週末、気温が氷点下まで下がると言われている一方で、「CIMBクラシック」のプレーヤーは高い気温と湿度を克服しようとしている。PGAツアーの大会は今週、赤道近くにあるマレーシアのクアラルンプールG&CCで行なわれているのだ。

気温は10月30日の初日で華氏90度(摂氏32度程度)ほど。出場者は残りの会期中も、似たようなコンディションの中でのプレーが予想される。

「ここは本当に暑い。自分のショットのことすら考えなくなるし、なんとかしてラウンドを終え、生き抜こうとしているだけだよ」と、初日を「68」でホールアウトしたジェフ・オバートンは言う。「そんな風に考えていれば、メンタル的にはいいのかもね」

セルヒオ・ガルシアは、熱波のせいでクラブを握るのが難しくなるとコメント。両手が汗で滑りやすくなるからだ。この暑さはまた、プレーヤーの精神的な変化にも影響を及ぼすという。

「脱水状態で体力が奪われ、“機能”しなくなるんだ」と言うのは、今年の「メイバンク・マレーシアオープン」を制したリー・ウェストウッド。彼の初日のスコアは「72」だった。

「脳みそが働くのを止めてしまうんだよ。だからコースマネジメントをしっかりとやるには、これまでの常識に頼るしかない。今回のコースではパーやアンダーパーを狙えるチャンスもたくさんあると思うけれど、それと同時に慎重にプレーしてパーセーブを目指すしかないホールもある」

初日を「67」で回ったビリー・ハーレーIIIは、ここでの暑さはプレーヤーが普段アメリカで経験するものよりも厳しいとコメントした。適切な水分補給が重要だとも。

「自分の体のことを考えて、(アメリカでのプレーよりも)もう少し水を飲むんだ…水分補給に食事、摂取カロリーといったこともね」と、ハーレーIII。

現地での気候は、たびたび雷雨に見舞われるという結果を招いている。水曜日(10月29日)のプロアマ戦は雷雨で中断・中止となり、デービス・ラブIIIはわずか2ホールのプレーで大会初日を迎える羽目になった。とはいえ、ラブIIIは初日を「68」でホールアウトした。出場者は第1ラウンドを「プリファード・ライ」でプレーしたが、雷雨で2時間近くの試合中断を余儀なくされた。ソフトなコンディションだったことで、ティショットの数々はフェアウェイにめり込んでしまっていた。

ケビン・ストリールマンは今週の天候による影響を、簡潔かつ的確にこう表現した。「きれいさっぱりと拭い去られた、って感じだね」。彼は初日を「68」でホールアウトした。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。