2017/02/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑228>ブラント・スネデカー(前編)

。同年3月のウィンダム選手権では、最終日18アンダーで、首位のジェフオバートンに5打差発進。前半6バーディの「30」で一気に追い上げると、後半も終盤で4バーディを奪う猛攻で「63」をマークして22
2014/04/28チューリッヒクラシック

石川&松山世代 22歳のノ・スンヨルが米ツアー初優勝!

ジェフオバートンが2番(パー5)でイーグルを奪い、さらに同組のキーガン・ブラッドリーが2番でバーディ。通算17アンダーで首位に並ばれ、自ら混戦を招いてしまう。 しかし、並ばれはするが抜かれはしない粘り
2014/11/09PGAコラム

「OHLクラシックatマヤコバ」アラカルト

シリーズ全6大会に出場している鉄人5選手が出場予定(ベン・ガーネット、ジェームス・ハーン、ジェフオバートン、ヒース・スローカム、ニコラス・トンプソン)。 過去7大会中3大会でプレーオフにもつれ込んで
2013/10/11フライズドットコムオープン

【1R速報】松山1アンダー、石川イーブンで後半プレー中

5、9番のバーディでアンダーパーに食い込んだ。石川は逆に1番、2番と連続バーディ発進を切ったが、6番で4オン2パットのダブルボギーを叩くなど、出入りの激しい内容となっている。 ホールアウトした中では、7アンダーのジェフオバートンが後続に2打差をつけて首位に立っている。
2013/10/20PGAコラム

最終組は“カロライナコネクション”

」。 シンプソンは、3年連続の勝利を目前にしながら、冷静に自分自身を切り離して見つめている。ジェフオバートンは、通算14アンダーで3位につけ、そのすぐ1打差でジェイソン・ボーンが控えている。この2選手はラスト
2014/01/09PGAコラム

今年もバーディ合戦に?パワーランキング

自己ベストの「62」をマークし9位タイに食い込んだ。その後PGAツアーで2勝を挙げた。 9、ジェフオバートン 結婚後、初の大会となる。2013-14シーズンは5戦中4度のトップ25入りを果たしている
2013/11/05PGAコラム

パワーランキング:マックグラッドリークラシック

タイ。「BMWマスターズ」では3日目まで単独トップまたは首位タイだったが、結果は単独4位。 7、ジェフオバートン 「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」9位タイに続き、2度の16位タイ
2013/10/19シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

石川遼は「66」で9位に浮上 首位はウェブ・シンプソン

は5バーディ(ボギーなし)の「30」と勢いを加速し、一気に集団を突き抜けた。 通算11アンダーの2位タイグループには、ジョン・センデン(オーストラリア)、ジェフオバートン、チェッソン・ハドレー、J.
2013/10/18シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

J.J.ヘンリーが11アンダー首位!石川は20位タイ

」というスコアをたたき出した。 1打差の10アンダー2位は9番、14番と2つのイーグルを奪ったアルゼンチンのアンドレス・ロメロ。8アンダー3位タイにはジェームス・ドリスコル、ジョナサン・バード、ジェフ
2013/10/22PGAコラム

パワーランキング:CIMBクラシック

タイが最低の成績である。 13、ジェフオバートン このコースで最後にラウンドしたアメリカ人選手(ロバート・ガリガスが大会出場を見送ったため)だ。2013-14年シーズンは16位タイ、9位タイと好調な
2013/10/19PGAコラム

ウェブ・シンプンソンが4打差の首位で大会を折り返す

2日目を「71」でラウンドし、ジョン・センデン、ジェフオバートン、チェソン・ハドリー、ジェイソン・ボーンらと通算11アンダーで並んだ。ボーンは「64」、センデンとハドリーは「66」、そしてオバートン
2013/10/18PGAコラム

1打差で初日首位に立ったヘンリー

ジョナサン・バード、そしてジェフオバートンの3人が「63」で3位タイ、ウェブ・シンプソンがさらに1打差で追う。 ヘンリーは、シーズン開幕戦の「フライズドットコムオープン」で16位。「新しい制度では、良い
2014/03/22PGAコラム

A.スコット、独走しての優勝、そして世界ランク1位となれるか?

。 ウェストウッドも5ボギー、1ダブルボギーと苦しみ、「76」の通算7オーバーで予選を通過出来ず。 ロリー・サバティーニとジェフオバートンは、ラウンド中の負傷により大会を離れた。 アマチュアのネイサン・スミスは、5ホール目でのOB後にボールを取り違えていたことが発覚し、失格処分となった。
2014/04/27チューリッヒクラシック

ノ・スンヨルが米ツアー初優勝に王手! 2打差リードで最終日へ

の「65」と連日のビッグスコアをマークしたキーガン・ブラッドリーが7位から浮上。通算15アンダーの3位にロバート・ストレブ。さらに1打差の4位に、ジェフオバートン、アンドリュー・スボボダと、この日「73」と1つ落としたマーティンの3人が続いた。