ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

今年はジョージア大出身がブレーク

By Helen Ross, PGATOUR.COM

ジョージア大のゴルフ指導者として著名なクリス・ハックは、イーストレイクで開催中の「ツアー選手権byコカ・コーラ」の初日、18番ホールのグリーン上でのアナウンサー役に指名された。

フェデックスカップ・プレーオフシリーズ最終戦に出場している29人の中には、ハックが直接指導した選手が4人いるだけに、見慣れた顔を拝むことになるだろう。第一シードで大会に臨んだクリス・カークもその一人だ。

カークは大学時代にブレンドン・トッドとルームメイトだった。トッドは今シーズンの「HP バイロン・ネルソン選手権」で優勝し、フェデックスカップランキング27位でツアー選手権初出場を果たした。トッドは、たとえイーストレイクがジョージア工科大のホームコースだとしても、恩師が引き受けた役割を快適にこなせると考えている。

「コーチなら自分のやりたいように上手くやれるよ」と、笑みを浮かべて話したトッドは、常勝時代を作ったコーチとの思い出を振り返り「彼は大学のコースにある斜面の上に座って、全員が来るのを眺めていた」と語った。

今週イーストレイクに集まった4人のブルドッグス(ジョージア大のチーム名)は、カーク、トッド、バッバ・ワトソンラッセル・ヘンリー。それぞれ今シーズン、PGAツアーで1勝以上を挙げている。ワトソンはキャリア2度目の「マスターズ」優勝など今季は2勝を記録し、ランキング3位で最終戦を迎えた。

ブライアン・ハーマンハリス・イングリッシュもジョージア大出身で、今シーズン優勝を遂げているが、プレーオフシリーズは第3戦の「BMW選手権」で脱落。結果だけを見れば、ブルドッグスが躍進した年と言えるだろうが、これでも控え目な表現になるかもしれない。

カークは「僕らは自分たちの成功に興奮しているけれど、まだキャリアの序盤に過ぎないと感じている部分もある。だから、これからもっと多く勝てる気がしているし、お互いに切磋琢磨したい」と述べた。

ジョージア大では4年間ルームメートで、親友でもあるカークとトッドは、2005年の全米選手権メンバーでもあった。その前年にはトッドがサウスイースタン・カンファレンスの最優秀新人に輝き、カークは2006年にリーグの年間最優秀選手賞を受けた。

トッドは当時のチームについて、こう振り返っている。
「コーチが優秀で、モチベーションも高くて、ゴルフがうまくなる方法を自分で考えられる選手を集めたと思う。僕らは大学時代に多くを教えられたわけでもなかったし、レッスンを受けたわけでもなかった。ただ、コース上で競い合った。誰かに依存しなかったのも、僕らがプロでうまくやれている理由だろうね」

「完璧なスイング、完璧なパッティングストローク、完璧なチッピングモーションを探している選手なんて誰もいなかった。僕らは出来るだけ早くボールをホールに入れようとする生粋のゴルファー。そういう意識をコーチが僕らに植え付けてくれた」

アトランタ出身のカークは、2週間前の「ドイツバンク選手権」で優勝し、最高のタイミングでフェデックスカップランキング1位に浮上。9日(火)には、普段から一緒に練習しているトッドと今大会のコースでプレーした。イーストレイクから45分圏内のところに住んでいながらも、このコースでの練習は人生で2回目だったという。

意外かもしれないが、カークとトッドは、大学時代にPGAツアーでプレーする姿を想像し、お互いの夢を語り合ったことはなかった。彼らは心の中で確信していた。必ず世界最高峰の舞台でともにプレーするようになる、と。

カークは「自分にはゴルフしかないと思ったし、彼(トッド)も一緒だったんじゃないかな。今年、僕らは周囲の予想を覆すようなシーズンになったし、誰も僕ら2人がツアー選手権に出場するなんて考えていなかっただろうね」と語り「周りは気づかないだろうけれど、この大会に出場している選手の大半は、予備のプランを持っていなかったと思うんだ。皆、この大会に出場すると考えただろうし、そう決めていたはず」と続けた。

トッドとカークは自宅も40分圏内で、興味深いことに身体的特徴も似ている。2人とも身長190センチで、トッドは線が細めのカークより2キロ弱重い81キロだ。

親しみやすい雰囲気のトッドは、この点について聞かれると「4年間も一緒にいたからじゃないかな。お互いに違った人生を歩んできたけれど、融合して、それで同じようになったのかもしれないね」と答え、さらに“あるネタ”を提供してくれた。

「今朝の記事で読んだんだけれど、彼はジェシー・ピンクマン(TVドラマ「ブレーキング・バッド」でアーロン・ポールが演じる役)に似ているらしいよ。僕はジェシー・ピンクマンに似ているなんて言われたことはないからね」

似ていると言われて悪い話ではないだろう。ピンクマンは、エミー賞を受賞したドラマシリーズで麻薬を製造し販売するキャラクター。カークはその“健全バージョン”とでも言うべきか。

そのカークは10日(水)に自宅の庭で、改造に取り組んでから2年になるスイングの状態を確かめていた。カークは、大会の4日間、ブルドッグスのメンバーに温かい声援が送られると信じている。とは言え、土曜日にはサウスカロライナ大とのフットボール戦が行われるため、応援も二分される可能性もあるだろうが。

カークは「アトランタで、しかもジョージアのファンの前でジョージア大を代表してプレーできるのは光栄なこと」と語った。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ツアー選手権byコカ・コーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!