ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

センデンにとって自信に繋がる「バルスパー選手権」優勝

地元で掴んだ確かな感覚があったからこそ、ジョン・センデンは7年という空白期間の末に光を掴んだ。

2013年を通し負傷に苦しんだ42歳のオージーは、昨年12月の「エミレーツ オーストラリアオープン」で3位入賞を果たした。頭上にいたのは優勝したロリー・マキロイと、2位のアダム・スコットだけ。この事実がセンデンに自信を与えた。

「バルスパー選手権」優勝後、センデンは、「もちろん自信になった。ロリー、スコッティーに次いでの3位だったからね。彼らは世界のトッププレーヤーだから。そこで得た自信を持って今年のシーズンに入れた」とコメント。センデンは500フェデックスカップポイントを獲得し、同ランキング14位に浮上した。

母国で得た自信が即結果に繋がったわけではなかった。今年に入ってからアメリカ西海岸での最高位は、「ノーザントラストオープン」での18位タイで、「ザ・ホンダクラシック」では金曜日に「63」を記録したものの、全体では46位タイでフィニッシュ。

何よりもプラスなのは、1年前と比べて健康であるということ。肋骨の負傷を過剰にかばった結果、それが手首の負傷を誘発してしまった。そして、これまでは弱点と言われていたショートゲームでの成長も大きな要因と言える。

センデンは前日9メートル強のロングパットを3度決め、「64」の7アンダーとして優勝候補に名乗りを挙げた。そして最終日の大活躍に繋がった。イニスブルックのカッパーヘッドで最も難しいとされる16番でチップインバーディを決めると、17番では約6.5メートルのパットを沈め連続バーディを記録。

これには3位でフィニッシュしたスコット・ラングレーも驚き、「素晴らしいフィニッシュだった。最終日にあの3ホールで2アンダーを記録して優勝したのだから、彼を称賛するべき」と、センデンを称えた。

センデンは、「ショートゲームが良かった。最近は状態が良いからね。ここ18ヶ月と比較して好調な要因は、ショートゲームにあると思う」と語る。

センデンにとっては2006年の「オーストラリアンオープン」以来となる優勝。同大会では最終日に猛チャージを見せ、当時の「全米オープン」優勝者ジェフ・オギルビーを下した。その5ヵ月前には「ジョンディアクラシック」でも優勝。プレーオフになるかと思われたものの、18番ホールのバンカーショットをピンまで約13センチのところにつけ、勝利を掴んだ。

「『ジョンディアクラシック』は自分にとってPGAツアーでの初勝利だったから、いつまでも最高の思い出のままだと思う。ただ、今回の大会は難易度で言えばだいぶ上のコースで開催された大会だし、フェデックスカップポイントもフルで獲得出来たからね」。

「今回の優勝で、必ず再び勝てると信じられるようになった。ただの1度きりではなくてね。06年の優勝を三日天下に思うかって?そうは思わない。これで『ジョンディアクラシック』での優勝がマグレではなかったと強く言えるよ」。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~