ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

スコットはようやくシーズンオフに・・・ソニーオープンinハワイを振り返る

2014/01/13 19:29

ウォーカーがプロ初勝利から間もなく2勝目

ジミー・ウォーカーのPGAツアー初勝利には実に188試合を要したが、2勝目を挙げるのには3ヶ月もかからなかった。

ウォーカーは1月12日の「ソニーオープンinハワイ」最終日で7アンダー「63」をマークし、並み居るライバルを寄せ付けなかった。そして、今回の勝利で、フェデックスカップランキングでも首位に返り咲いた。

そのほか、クリス・カークが1打差の2位に、ジェリー・ケリーが3位、ハリス・イングリッシュが4位でフィニッシュ。イングリッシュが2013-14シーズンの直近6試合でトップ10位に入るのは、3度目となった。

喜びは2倍に 名コーチの存在

ウォーカーは1勝で終わると思った人もいたかもしれない。だがそれを覆すのに、それほど長い時間はかからなかった。PGAツアーで188試合に出場したウォーカーは、2013-14年のシーズン開幕戦「フライズドットコムオープン」で念願のツアー初優勝を手にした。

今回の「ソニーオープンinハワイ」で再び勝利を手にした彼は、まさにトップ集団の中にいる。混戦のリーダーボードを見据えた彼はこの日、差を付けようと必死になり、最終日には後半13番をバーディとすると、15、16、17番で3連続バーディ。17番のパー3ではアダム・スコットを除いた選手中で、最も近くにティショットを付けた。(スコットは、カップから11インチに寄せた)。

「フライズ(ドットコムオープン)でいろいろと学んだと思う」と、ウォーカーは2勝目を挙げた後に話した。「忍耐強く、集中して、ボギーを叩くといったトラブルに見舞われても取り乱すなってことさ」。

とはいうものの、最終日に際してウォーカーには心配要素などなかった。ウォーカーはこの日、ノーボギーでラウンドした2人のうちの1人だったのだ。

ここ数ヶ月のウォーカーの驚異的なプレーは(本格的に一緒に取り組んでいるのはここ1年くらいのことではあるが)、約2年にわたって時折インストラクターを務めているブッチ・ハーモンによるところもある。

「ハーモンに会った時、彼は僕のことを信じ、才能があると言ってくれた。自分が持っているものを持てあましているともね」と、ウォーカーは振り返る。「ハーモンはとても自信にあふれた人なんだ。彼から言われたことは、信じているよ」。

今年もバーディ合戦となったワイアラエを制したウォーカー

(今回の会場である)ワイアラエCCでは必ずしも“注目の選手”というわけではなかったウォーカー。今週勝利を収めるまでは、同大会では7度の出場中、トップ10入りが1度しかなかったからだ。

「ここは、フェアウェイと捕らえるには、PGAツアーの中でも難しいコースの1つだと言われていたし、僕自身も最初からあまりフェアウェイキープできていなかった」と、ウォーカー。「その意味では、皆もそうだったと思う」。

バーディ量産はワイアラエの新しいトレンドではない。ウォーカーは今大会で全ラウンドを60台で回って優勝したが、これは6年連続だった。

フェアウェイを捕らえることが重要視されているコースにおいて、あまり見られないものがあった。ウォーカーが319.5ヤードを飛ばし平均飛距離でもトップに立ったのだ。

通算17アンダーという彼の成績は、昨年覇者ラッセル・ヘンリーの大会記録通算24アンダーよりも7打多かった。不思議なことだが、ウォーカーは「フライズドットコムオープン」でも通算17アンダーで勝利している。

休暇入り
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~