ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人は収穫満載の8位 再来週も米ツアー出場へ

強い日差しが照りつけたハワイのワイアラエCC。首位と3打差の6位タイからスタートした谷原秀人は、4バーディ3ボギーの「69」とスコアを伸ばし、通算10アンダーでホールアウト。首位と7打差の8位タイで大会を終え、2週間後の「ファーマーズインシュランスオープン」(カリフォルニア州・トーレパインズGC)の出場権を手に入れた。

2番で7.5メートルをねじ込みバーディ先行させた谷原だったが、この日はフェアウェイキープが14ホール中6回と、ショットのばらつきが目立つ苦しい展開。前半こそ2つ伸ばしたが、後半の11番、13番と2つのボギーで首位の背中は遠くに霞んだ。

ホールアウト後は「良くはなかったけど、よく耐えたという感じ」と額の汗を拭った。暴れるショットとともに、グリーン周りの慣れないティフトン芝にも手を焼いた。「ロフトのあるクラブで打たないとダメなのかな?」。

それでも、グリーン上では4日間を通して3パットなし。パットのスコア貢献率でも4日間を通じてトップの好調ぶりだった。「相当自信になりますね」。日本のパット王は、米ツアーでも健在だった。

成績以上に収穫の多い試合となったことは間違いない。今週取り組んでいた限界までフックグリップにするスイング改造。「こっちにきて、改めてこんなにフックグリップが多いのかと思った」と、米ツアーの現状を目の当たりにし、最終日に同組で回ったザック・ジョンソンを見て、「同じだった」と改めて確信した。

「すごいフックグリップで軽いドローを打っていた。目の前で見られたのでよかったです。あれぐらいの精度にしたいですね」。精密なショットを武器に「マスターズ」を制したジョンソンの技術を肌で感じ、谷原のビジョンは鮮明になった。

前週までの世界ランクは94位。世界ランク50位以内に入ってくれば、海外メジャーへの道筋も見えてくる。「特に考えてはないっすよ」と笑う谷原だが、今年の「全英オープン」は06年に5位タイに入ったロイヤルリバプールがその舞台。「思い出の地だし、行きたい思いはありますよ」。

まずは2週間後が次のチャンス。常夏のハワイで戦った2014年初戦が谷原の闘志に火をつけた。(ハワイ州ホノルル/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。