ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/21〜11/24 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

2人で1つ:デイとスコットがオーストラリアにワールドカップをもたらす

親族を襲った不幸により出場が危ぶまれていたジェイソン・デイが、「ISPSワールドカップ」最終日に見事な優勝を果たし、3年以上のブランクを経て感動的なタイトルを獲得した。

デイは終盤の16番で、2メートルのパーパットを決めて、ボギーを叩いたトーマス・ビヨーン(デンマーク)を逆転した。最終日を「70」、通算10アンダー「274」でホールアウトしたデイは、後半2ボギーで失速し、「71」でフィニッシュしたビヨーンに2打差をつけて勝利した。

<< 下に続く >>

デイにとっては5週間ぶりのトーナメント出場。わずか2週間前にフィリピンを直撃した大型台風によって、祖母を含む8人の親族を亡くしたばかりでの大会だった。

30年前にフィリピンからオーストラリアに移住したデイの母親は、愛娘と共にロイヤルメルボルンの最終18番のグリーン外で見守っていた。優勝を決めたデイは2人とハグを交わしてから、スコアカードにサインをしにテントへ向かった。

「この大会は本当に驚くべき出来でした。母や家族の渾身的なサポートに、結果で応えることが出来て本当に幸せです。努力が実を結んだことを実感できたし、メルボルンで優勝できた喜びを感じています」

「先週起きたこと(悲劇)に比べれば、この大会に出て優勝を目指すプレッシャーは、容易なことでした。心からここでプレーしたい、と願って参加しただけに、優勝できて良かったです」

デイが勝者となったが、ビヨーンの健闘がかすむことはない。

「今日のゴルフは間違いなく残念なものだった。それほど良いプレーが出来なかったからね」と、ビヨーン。「しかしジェイソン(デイ)の優勝には敬意を表したい。彼は辛い時期を乗り越え、この大会に出場して優勝をつかんだ。みんなが“良かった”と思える結果だね」と語った。

デイが最後に優勝した大会は、2010年PGAツアーの「HPバイロンネルソン選手権」だった。2011年以降、メジャー大会で4度のトップ5入りがあったものの、彼はことごとく優勝を逃してきた。

最終日に「66」をマークしたアダム・スコットは、首位から3打差の3位でフィニッシュした。スコットは3週連続の優勝を目指したが、初日の12番で「9」を叩くなど「75」を記録してしまい、常に追いかける苦しい展開となってしまった。

個人戦で優勝したデイは、賞金120万ドル(約1.2億円)を獲得し、オーストラリアの国別対抗戦での優勝にも大きく貢献した。デイとスコットの2人は、共に最終日にイーグルを奪うラウンドで、国別対抗戦の優勝賞金60万ドル(約6,000万円)も分け合った。

米国のマット・クーチャーは「71」でフィニッシュし、個人戦では首位から3打差の4位だった。石川遼(最終日は「69」)とタイのキラデク・アフィバーンラト(同「70」)は、いずれも首位から7打差の5位タイに終わった。

スコアに波のあったデイは、ビヨーンがバーディを奪った5番(パー3)では、バンカーに打ち込んでボギーとし、この時点ではまだ首位タイに並ばれていた。

しかし6番では、80ヤードから放ったウェッジショットがグリーンを捕らえ、バウンドしたボールがそのままカップインして見事なイーグル。一方のビヨーンは、ドライバーをラフに打ち込んでボギーとし、一気に3打差のリードがついた。

デイが6番のグリーン上でボールを取り出す時、黄色と緑色のオーストラリアカラーに身を包んだ私設応援団「ファナティクス」からは、大きな歓声が巻き起こった。デイはギャラリーに向かってボールをプレゼントした。続く7番でもビヨーンが3パットのボギーを叩いたため、デイのリードは4打差に広がった。

9番で約4メートルのパーセーブに成功したデイは、4打差で折り返しを迎えた。しかし続く10番でトラブルに見舞われた。ティショットを左ラフに落ち込んだ後、安全策のチップショットではなく、フェアウェイへ戻そうと強振した。しかしボールは再びラフへ入ってしまった。

3打目でフェアウェイに戻したデイは、4打目でようやくグリーンオン。そこから2パットを要してダブルボギーとなってしまった。これで2位のスコット、ビヨーンとの差は2打に縮まった。ビヨーンは11番と13番でバーディを奪い再浮上するかに思えたが、16番で痛恨のボギーを叩いた。

最終日の最初のホールでいきなりイーグルスタートを切ったスコットは、4月の「マスターズ」を制して以来、初めての地元凱旋で、「オーストラリアPGA選手権」と「オーストラリアンマスターズ」を制覇している。来週、ロイヤルシドニーの舞台でオーストラリア国内の「3冠達成」に挑むこととなる。

「今日は信じられない1日だった。ジェイソン(・デイ)のお陰さ。今週の彼はすばらしいプレーだったよ」と、スコットは振り返った。

ワールドカップで開催国が優勝するのは、南アフリカ・ケープタウンで行われた1996年大会で、アーニー・エルスとウェイン・ウェストナーのペアが優勝して以来だった。

通算17アンダーを記録したオーストラリアチームは、2位のクーチャー、ケビン・ストリ―ルマン(個人戦は8位タイ、最終日は「74」)の米国チームに10打差をつけた。通算5アンダーのデンマークと日本が、国別対抗戦の3位タイに入った。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!