ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/21〜11/24 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

キラデク、チェ・キョンジュ、ラスカーノらの健闘が光るワールドカップ

賞金総額800万ドル(およそ8億円)を争うISPSハンダワールドカップ2日目は、アジアンツアーの賞金王争いを牽引するキラデク・アフィバーンラト(タイ)、トニー・ラスカーノ(フィリピン)、そして韓国人スター選手のチェ・キョンジュらがトップ10に名を連ね、アジア勢の健闘が目を引くラウンドとなった。

トップから7打差の9位タイで並んだ3選手は、ロイヤルメルボルンGCでの大会後半に挑む。3アンダー「68」をマークしたトーマス・ビヨーン(デンマーク)が、通算8アンダーの「134」とスコアを伸ばし単独トップに躍り出た。

<< 下に続く >>

2日目を「69」で回った米国のケビン・ストリールマンは、ビヨーンを1打差で追走する。地元オーストラリアのジェイソン・デイと、リカルド・サントス(ポルトガル)の2選手が通算「138」で3位タイにつけ、総額700万ドル(およそ7億円)を賭けた個人戦は白熱の週末に突入する。さらに先週の国内ツアーで優勝した日本の谷原秀人は、「67」という素晴らしいスコアをマークし、通算「139」で5位タイにつけている。

総額100万ドル(約1億円)を争う国別チーム戦では、ストリールマンとマット・クーチャーの米国ペアが、トータル「274」でトップに立っている。3打差の2位にはビヨーンとトービヨン・オルセンのデンマークペアがつけ、アダム・スコットジェイソン・デイのオーストラリアペア、日本の谷原秀人石川遼ペアは、通算「281」で3位タイの好位置につけている。

今季の世界ゴルフランクで68位まで上昇したキラデクは、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーでまとめ、トップを狙えるポジションで3日目を迎える。

風が渦巻く壮大なロイヤルメルボルンGCで、堂々たる体躯のタイ人選手がアンダーパーをキープしているのは、パターのお陰と言えそうだ。

「ショットの出来はいまひとつだけど、このコースで重要なのはパッティングだからね」と、語ったキラデクは、初日より3パット少ないトータル「28」パットで2日目をまとめた。「今日のスコアはずいぶんとパットに助けられたね」

キラデクは、週末もしっかりと前を向いて“当たって砕けろ”的なプレースタイルを避けなければならないことを理解している。2日目を終えた時点で、メルボルンの「サンドベルト」と呼ばれる砂地のゴルフ場を代表するコースでアンダーパーを記録している選手はわずか14名しかいない。

「風がかなり強かったから、低いボールを打とうと心掛けたよ」と、キラデク。「スイングをいじりすぎた影響で、今はしっくり感じられないんだ。風に加えてこのレイアウトは、僕のプレースタイルには合わないよね。(残り2日は)ひたすら集中して、ゲームプラン通りのゴルフをしたいね」

「自分自身にあまり無理をさせたくないんだ。今年は年間を通じてとても良いゴルフができたから、ここでも無理をすることはない。この週末は、重要な場面でパットが決まってくれるといいね。トップ10で週末を迎えられるのは、願ってもないこと。トップとの差はあるけど、このコースなら例え10打差でも、追いつくことは可能だからね」

一方のチェは、2番で幸先良くバーディを決めたが、4番でダブルボギーを叩いてしまい、その後はバーディ2つに対して4ボギーの「74」とスコアを落としてしまった。

「今日はそれほどタフな日じゃなかった。ダブルボギーを叩いてしまった、4番のあの一打だけだね」

アジアンツアーの名誉会員で、PGA通算8勝をマークしているチェは、この日のコンディションを振り返った。

「午後になってグリーンは一段と硬くなったね」と、チェ。「あるホールでは(パットが)オーバーしたり、別のホールではショートしたり。とにかく、ここまでのゲームはOKと言えるかな。風の影響で多少アンラッキーな面もあって、少し戸惑ったけどね」

「このコースは、次に何が起こるか想像がつかない。明日は重要な日になるだろうね。仮に4アンダー、5アンダーでも出れば、それだけで十分だよ。僕らはみな人間だから、時にはミスショットもするさ。それでも僕はこのコースが大好きだね」

自身2度目のワールドカップで健闘をみせている42歳のラスカーノは、ボギーと同じ数の2バーディで巻き返し、引き続き安定感あるプレーを印象付けている。

「このコースは危険がたくさん潜んでいるからね」と、ラスカーノ。「今日はほとんどのパットがショートしてしまったけど、これが精一杯だよ。18番では約2メートルのバーディチャンスがあった。下りラインと思ったけど、完全に読み違えてしまったね。それでもイーブンパーだから満足だよ」

「今日はゲームを上手くコントロールできたね。1日を通してドライバーを1回ミスしただけだった。なるべく安全にプレーを進めて、積極的にピンを攻めるようなことはしなかった。今はトップ10に入っているから、このまま上位につけていたいね。グリーンとフェアウェイだけを考えて、安全策で行くよ。アイアンを選択するのもためらわないし、パーで満足だし、もしバーディをいくつか取れたら、それで十分満足さ」

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!