ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/21〜11/24 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

世界基準とは一線を画す?“オージー・バンカー”

ビギナーや多くのアマチュアゴルファーがコースに出てまず困ることのひとつが、バンカーショットだ。なにせボールを上げるのが難しいし、まず“砂を打つ”という感覚がどうもピンとこない。何度も何度も“穴掘り”をしている姿は恥ずかしいやら、情けないやらで、いつの間にかすっかりゴルフ嫌いになっていることがある。

しかし上級者やプロゴルファーにとっては大きく事情が異なる。グリーンサイドのバンカーからはライが悪くなければ、基本的にはスピンがかかり、ボールを止められる。確かに“目玉”なんかになったら目も当てられないが、難しいラフからのアプローチを強いられるくらいなら、アゴが低かったり、ライが平らや左足上がりになりやすいバンカーに入れておいた方がラクチンで、それも立派なコースマネジメントだ。

<< 下に続く >>

しかし、そうもいかないのがオーストラリアらしい。

選手のスタート前、毎朝コース作りに励む人々は、バンカーを整備した後、砂の上をクワで引っ掻いて畝(溝)を作る。まるでゴルフ場の枯山水だ。「ボールが(スピンで)止まんない。絶対に悪いライになるようにならしてあるんで。レーキの痕の溝に入るようになってる」と言うのは石川遼。その日のラウンド中に改めて“デザイン”することはないが、前の組の選手、キャディがならす前にプレーしなければならない早い組でスタートする選手たちの頭を悩ませる。

さらに言えば、同国でのバンカーのならし方は、少しばかり甘いとか。石川は「オーストラリアン・マスターズなんかを(映像で)見ていると、ならしてはいても、結構適当だったりするし、ボロボロなところが多い」と続ける。米ツアーでは使用したバンカーをキャディがならすのを忘れていたら、選手の責任となり罰則もある。そして日本でも同様の動きが画策されている。

バンカー脱出の技術には大きな違いがあっても、キレイにならすのはプロ・アマを問わず、ゴルファーとしての最低限のマナーのはず。“あるがまま”の精神とは、ちょっと違うような…。(オーストラリア・メルボルン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!