ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/14〜11/17 場所:エル・カマレオンGC(メキシコ)

H.イングリッシュ パターを戻して暫定首位浮上

By PGATOUR.COM wire reports

「OHLクラシックatマヤコバ」は3日目を終えて、ハリス・イングリッシュロバート・カールソンが暫定首位に立っている。大会は雨の影響で遅れており、第3ラウンド途中で日没サスペンデッドとなった。

イングリッシュとカールソンは第3ラウンドの11ホールを残し、通算15アンダー。ラウンドは日曜日の現地時間午前7時に再開される。

<< 下に続く >>

イングリッシュは土曜日の朝、米国ツアーでの自己ベストに並ぶ9アンダー「62」をマークした。24歳、ジョージア大学の元スターは6月の「フェデックス セントジュード クラシック」でツアー初勝利を挙げている。

「ここ3週間の2大会は、信じられないくらい良いショットを打てているんだ」。第2ラウンドを終えた後、イングリッシュは話した。「そして今大会では、パッティングの調子も上がってきた。大学時代に使っていたピンのパターに戻したんだ。そうしたら良い記憶が蘇ってきたよ」。

カールソンは金曜日に36ホールをプレーし「63」「67」をマークした。第3ラウンドでは、3番から5番まで立て続けにバーディを奪った。

「いくつかバーディを決められたことは良かったよ」とカールソンは話した。

欧州ツアー制覇11度を誇るスウェーデン出身の44歳は、スポンサー推薦で出場した先週の「マックグラッドリークラシック」で10位タイに食い込み、今大会の出場権を得た。

「ここにいられて嬉しいね」とカールソンは口にした。

予選通過した78選手はこの日、一人もラウンドを終えることができなかった。

水曜日の午後から金曜日の午後にかけて、コースには4インチを超える雨が降り注いだ。湿ったコース状況を考慮し、選手たちはプリファードライを適用した。

「僕等がこの状況でゴルフをしているということが信じられないよ」とカールソン。「これだけの雨が降ると、コースはとてもプレーできる状態ではなくなる。だから、プレーできるだけでも素晴らしいんだ。日に日にコースの状態は回復しているよ」。

ロリー・サバティーニケビン・スタドラーは、通算12アンダーで3位タイ。サバティーニは第3ラウンドの8ホールを終え、スタドラーは6ホールをプレーした。

その後には、アルバロ・キロスジェイソン・ボーンクリス・ストラウドの3人が、いずれも通算11アンダーで並んでいる。キロスは14ホール、ボーンは9ホール、そしてストラウドは8ホールを終えている。

「雨の量を考えると、コースの状態は素晴らしいよ」とキロス。「これだけの雨が降ったら、普通は4ラウンドの大会をプレーするのは難しいと思うよ。2008年にもここでプレーしたけど、コンディションは全然違ったね。今週はただ、試合が長引いているだけだよ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!