ニュース

米国男子タンパ ベイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 タンパ ベイ選手権
期間:03/14〜03/17 場所:イニスブルックリゾート(フロリダ州)

「タンパベイ選手権」 初日レビュー

ショーン・ステファニーは、PGAツアーに参加するようになって間もないが、この大舞台で堂々たる振る舞いを見せている。

もう少し早くツアーに参加すべきだったかもしれない。

<< 下に続く >>

「タンパベイ選手権」の初日、この厳しいコースでは強風が吹き荒れていた。だが、ステファニーは、最終ホールまでボギーも寄せつけないパフォーマンスだった。5フィートのパーパットをしっかり決めると、6アンダーの65をマークし、ブライアン・ハーマンに2打差をつけて首位に立った。

ステファニーは、「何度か悪いショットになったり、微妙なショットなったりと苦労したけれど、何とか『アップアンドダウン』(グリーン外から2打でカップインすること)で、より少ない打数で乗り切ることができた。あれやこれやで今日は最高の一日になったし、明日も結果が出せることを楽しみにするよ」とコメントした。

本人が言うほど悪いショットはなかった。ここフロリダ州イニスブルックにあるコッパーヘッドで、最高のパフォーマンスだったという声も聞かれるほどだ。70以下で回ることのできた選手はわずか13人で、パー以下を記録できた選手は25人だったという。

ハーマンは9番ホール、わずかに及ばないショットでバンカーに打ち込むと、唯一のボギーを叩き、ラウンドを67で終えた。ハリス・イングリッシュも、18ホールはバンカーにはまった。ただし、40フィートの距離から3打で決め、ダブルボギー。結果68で、ブレンダン・スティールとタグ・ライディングスと同位に並んだ。

世界ランク49位のジェフ・オギルビーが「マスターズ」に参戦するには、向こう3週間で上位50位内に留まることが不可欠だ。この日はルーカス・グローバー含め、優勝経験のあるビジェイ・シンチェ・キョンジュとともに69で同位となった。

オギルビーは他のオーストラリア人選手らと最初のラウンドを回った。一緒だったのは、交友関係のあるアダム・スコットジェイソン・デイで、二人とも70で終えている。

31歳にしてようやくPGAツアーに参戦したステファニーは、ウェブドットコムツアーの賞金ランキングでは16位だった。新しいコースでプレーし、慣れない場所に滞在しているが、今年の他のルーキーの中でも稀な例のようだ。

「ソニーオープンinハワイ」で優勝したラッセル・ヘンリー、もう一人のルーキーのスコット・ラングレーも最終組で一緒にプレーした。他の3人も今季最終組でのプレー経験がある。トーレパインズの「ファーマーズ・インシュランスオープン」に出場したブラッド・フリッチェ、「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」に出場したジェームス・ハーン、そして2週間前の「ホンダ・クラッシック」に出場したルーク・ガスリーだ。

ステファニーは、「彼らがいいプレーをしているのを見ると嬉しい。昨年ずっと一緒に戦ったし、みんな勝利したからね。スコット以外だけれど。昨年ウェブドットコムで何度かプレーしたんだけれど、みんなすごくいい奴でいい選手なんだ」と語る。

昨季覇者のルーク・ドナルドは、70という数字でいつもより鬱憤(うっぷん)を抱えるスタートとなった。4つのホールで4アンダーをただき出し、好調な滑り出しだったが、12フィート以内のバーディチャンスを3度逃してしまった。

6番ホールはドライバーショットのミスでボギーを叩いた。パー3の8番ホールでは、ティショットからバンカーに打ち込み、さらに9番ホールでもバンカーの斜面につかまってしまった。これで4ホールで3ボギーとし、快調な滑り出しは、イライラの募る結果に転じてしまった。

ドナルドは、「5アンダーか6アンダーで終われそうなところもあったんだ。70という結果は受け入れ難いね。ほんの2、3のショットで台無しにしてしまった。15ホールは、本当にいいプレーをしていたのだから」と明かす。

ステファニーはその一方で、ほとんど間違いを犯さなかった。

追い風を受けて、10番ホールでのウェッジはバーディチャンスの2フィートに到達した。ここからパー5の全4コースでバーディを奪った。ステファニーが今週、この短期決戦に向けて練習をしたのは、この前の丸2日だという。3番ホールでは、20フィートのバーディショットを決めた。

何よりも特筆すべきことは、ステファニーがほとんどミスをしなかったことだろう。グリーンのミスは3度のみ。そのすべてでバンカーからのアップアンドダウンを決め、ラフからプレーを余儀なくされたのは1度だけ。3番ホールでわずかに左にずれたティショットぐらいだった。

「ここで気持ちよくドライバーショットを決められたら、かなり優位に立てるだろうね。でもこうした難しいコースで、自分がフェアウェイにたくさん乗せたから、バーディを狙えたし、いい順位にいられるのだけれどね」とステファニーは語った。

ミニ情報:スティーブ・ストリッカーのキャディを務めるジミー・ジョンソンは、向こう2週間ハリス・イングリッシュに付く予定。ジョンソンは、先週のトランプドラールには出ていない。理由はストリッカーの妻ニッキがキャディを務めるトーナメントだったため。なお、ジョン・デーリーは72でスタートしている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 タンパ ベイ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!