ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 場所:PGAナショナルGC(フロリダ州)

ザ・ホンダクラシック 3日目レビュー

初優勝を狙う2人の背後に、L.ウェストウッド、G.オギルビーの影

「ザ・ホンダクラッシック」3日目は、肌寒い強風の中、PGAツアーのルーキー、ルーク・ガースリーとマイケル・トンプソンが首位タイで3日目を終えた。

吹き抜ける強風はコースをひと際長く感じさせ、ウォーターハザードはいつもに増して脅威に映った。そんな中、自身初のツアー最終組で回ったガースリーは1オーバーの「71」をマーク。イリノイ州出身の22歳、ガースリーは終盤8ホールはすべてパーを並べた。一方でトンプソンは18番(パー5)で20フィートのイーグルパットを惜しくも外し、3日目を「70」でホールアウトした。彼らは3日間のトータルを共に8アンダーの「202」として、最終日に優勝の可能性を残したのだ。

<< 下に続く >>

そしてリー・ウェストウッド(イングランド)は14番でチップインバーディを奪取。さらに17番でも20フィートのバーディパットを決めると、最終18番では3番ウッドの2打目を池に入れてしまったものの、このホールでなんとかパーをセーブ。スコア「70」でホールアウトして、トップと2打差で3日目を終えた。

また、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)はスタートからの4ホールのうち、3ホールでボギーを叩いてしまったが、その後はスコアをまとめ同じく「70」でホールアウト。オギルビーは18番で7フィートのバーディパットを決め、ウェストウッドと共にトータルスコアを「202」とし、ウェストコースト・スイング(シーズン序盤戦の西海岸での試合)でのスランプから抜け出すチャンスを得た。

オギルビーは昨年、世界ランキング上位50位でフィニッシュできず、マスターズへの出場権を逃していた。先週行われた「WGCアクセンチュア・マッチプレー選手権」の出場すら果たせなかった。しかし今大会で優勝、少なくとも2位となれば、次週の「WGCキャデラック選手権」の出場権が付与されるランキング50位以内に入れる可能性もあるため、明日の最終日は彼にとって大変重要なものとなる。

さらにリッキー・ファウラーチャールズ・ハウエルIIIキーガン・ブラッドリー、そしてジャスティン・ローズ(イングランド)を含む11人の選手たちが、4打差にひしめく展開で、明日の最終日を迎える。しかし、その中にタイガー・ウッズ(米国)の姿はない。

ウッズはこの3日目、ロースコアを狙い、何とか上位争いの仲間入りをしようと試みた。そして実際、フロント9を「32」で回り、狙い通りの展開となった。しかし後半は一度もバーディを奪うことができず、17番(パー3)ではラフに打ち込んだボールがロストボールとなり、結局このホールをダブルボギーとしてしまった。

ウッズはこの日「70」。今日のコンディションを考えると、ウッズは決して悪いスコアではないが、彼が求めていた結果には及ばなかった。ウッズはトップと8打差で最終日を迎えることになった。ウッズは昨年、3日目を終えた時点でトップと9打差の位置から、最終日を「62」で回り、優勝したロリー・マキロイ(北アイルランド)に2打差まで迫ったが…。

難コース、強風・・・勝負はやはりサンデーバックナイン
おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!