ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

117位→35位 石川遼は全選手中最多の8バーディ

2017/01/28 10:57


◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン2日目(27日)◇トーリーパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース7698yd、ノースコース7258yd(ともにパー72)

2オーバーの117位から出た石川遼は8バーディ、4ボギーの「68」で回り、通算2アンダーとして35位タイで予選を通過。初日の出遅れをノースコースでのバーディラッシュで取り返した。

石川のチャージは、スタート直後に始まった。出だしの10番(パー5)から2連続バーディ。3つ目とした4番は15mのパットを沈めたものだったが、「1Wとアイアンの内容が良くなってきた。本当に久々にかみ合った」と、ショットで多くのチャンスを呼び込んだ。

後半1番までに3ストローク伸ばして浮上。1Wショットを大きく右に曲げた2番から2連続ボギーとし、通算1オーバーと決勝進出圏外に後退してからも、積極性を失わなかった。左サイドが危険な4番で1Wショットを振り切り、残り154ydの2打目を8Iでピンを攻めてバーディ。「4番で取れたのが大きい。1Wで逃げずにフェアウェイに打てて、セカンドが1.5mくらいについた。気持ち的に、もう一回頑張ろうと思えた」

5Iで2オンに成功した5番(パー5)から、再び2連続バーディを決めた。9番(パー5)はフェアウェイからの2打目をグリーン手前にきざみ、60ydの距離をロフト59度のSWでピンそばにからめてバーディフィニッシュ。パーは実に6ホールだけと、出入りの激しい展開となったが、この日の8バーディは全選手のトップだった。

2試合連続の決勝ラウンドには、首位と6打差で入る。「今年のラウンドで、アイアンはきょうが一番良かった」と手応えを口にしつつ、安堵感はまだない。「ボギーがあったから、バーディを取れていたのかもしれない。まずはボギーを減らせるようにしたい」。パッティング数が前日の33から28に減っても、「きょう良くても、まだどうなんだろう…という感じ。悪いところを探してばかり。まだ100%の自信は持てていない」と練習に励んだ。

「(週末の)サウスコースはショートゲームだけじゃバーディを取っていけない。1Wとアイアンが非常に大事になる。そこに挑戦していきたい。いまの状態でどのくらい通用するのか」。収穫よりも課題について多くを語る石川。1ラウンドの出来だけで満足するほど、もう若くはない。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。