ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

【W杯詳報】日本代表・松山&石川は初日+1

◇国・地域別対抗戦◇ISPSハンダ ゴルフワールドカップ 初日(24日)◇キングストン・ヒースGC(オーストラリア)◇7111yd(パー72)

松山英樹石川遼の日本代表は午後0時30分(日本時間午前10時30分)に1番から、ニュージーランドのダニー・リーライアン・フォックスと同組でティオフした。

初日は、フォアサム形式のストロークプレー(1つのボールを交互に打ち合い、18ホールのスコアを作る)で行われる。

■ スコアカード(後半)

Hole101112131415161718INTotal
Par4454534443772
日本3454623443573
NZ4554524433675

◆18H 457yd Par4/パー(+1)
石川は3lでの第1打でフェアウェイをキープ。松山のセカンドショットはグリーン右サイドの刈り込まれた窪地に落ちるが、石川がウェッジで寄せる。松山のタップインでホールアウトし、笑顔で握手。

◆17H 459yd Par4/パー(+1)
松山のティショットの精度はこの日も際立ち、しっかりフェアウェイへ。石川は上りの第2打でグリーンセンターをとらえた。7mのバーディパットは惜しくもカップの左に外れた。

◆16H 440yd Par4/バーディ(+1)
難関パー4。石川がティショットをきっちりフェアウェイに置く。松山は首をひねりながらも、距離感バッチリのアイアンショットでピン右7mに。2人で丹念に読んだラインを石川が流し込み、キャディも含めた4人がいっせいにガッツポーズ!

◆15H 154yd Par3/バーディ(+2)
松山のティショットはわずかに届かず、グリーン手前のカラーに。石川はパターで6mをねじ込んで、バーディを決めた。

◆14H 563yd Par5/ボギー(+3)
石川は1wショットを左に曲げ、松山は2打目でフェアウェイに出すだけ。3打目で3Iでのショットを強いられ、グリーンの右奥にボールこぼした。松山の浮かせたアプローチも7mの距離を残し、パーパットはカップの右に外れた。

◆13H 370yd Par4/パー(+2)
松山の1wショットは右へ。第2打は石川がウェッジでピン奥5mにつける。松山の下りのバーディパットは1.5mオーバーしたが、石川がピンチの芽を摘んだ。序盤の緊張がほぐれてきたのか、次第に2人の相談が多くなってきた。

◆12H 574yd Par5/パー(+2)
アゲンストの風になったパー5。石川の1wショットは右の短いセミラフに止まる。松山が3wを握ったショットも大きく右に曲がり、石川は3打目でグリーンに乗せながら、バーディパットに8mを残す。2パット。

◆11H 413yd Par4/パー(+2)
フェアウェイをアイアンでとらえた松山のティショット。石川の2打目はピン手前に落ちたが、風に押されてグリーン奥に転がり落ち、両者ビックリ。松山は3打目でクッションさせる見事なアプローチを見せ、1m弱に寄せてパーを拾った。

◆10H 359yd Par4/バーディ(+2)
石川が3Iでフェアウェイをとらえて松山につなげると、ウェッジでスピンを効かせてピンそば1mにピタリ!石川が沈めてこの日2つ目のバーディ。

【W杯詳報】最新の情報に更新する

■ スコアカード(前半)

Hole123456789OUT
Par43444345435
日本44534545438
NZ44534456439

◆9H 435yd Par4/パー(+3)
松山は1wでフェアウェイ右サイドをキープ。石川の2打目はピン左奥4mについたが、バーディパットはカップをかすめて松山は足を上げて悔しがる。

◆8H 503yd Par5/パー(+3)
石川はこの日初めての1wショットを左に大きく曲げる。松山の第2打は茂みの砂地から。このトラブルショットをアイアンでしっかりフェアウェイへ。強い向かい風の3打目、石川は4mのチャンスを作ったが、松山のバーディパットは惜しくもショート。

◆7H 443yd Par4/パー(+3)
松山の1wショットは左からの風にもあおられて右サイドのフェアウェイバンカーに落ちる。ピンはバンカーの向こうのグリーン左奥。石川はアイアンでグリーン左手前のポジションをキープ。20m近いロングパットを松山が寄せてピンチをしのいだ。

◆6H 187yd Par3/ダブルボギー(+3)
石川のティショットはグリーンの左奥にこぼれる。松山はアプローチが強く入り、ピンを10mオーバー。石川のパーパットは1mショートし、松山も外して3パット。

◆5H 427yd Par4/パー(+1)
松山の豪快な1wショットにティグラウンド周辺はどよめく。石川はフォローの風を受けたフェアウェイからの2打目で、ウェッジで低く出してピン左3mにつけた。バーディパットはわずかに右に外れ、松山ガックリ。

◆4H 294yd Par4/バーディ(+1)
短いパー4のティショットで石川はアイアンを選択してフェアウェイに。松山のウェッジでの2打目はピン左手前1.2mにつき、石川が決めて最初のバーディ。グリーン上で拳を合わせる。

◆3H 400yd Par4/ボギー(+2)
左ドッグレッグのホール。松山は1wで第1打を放ちフェアウェイ右サイドへ。風の舞う中、石川の2打目は右バンカーに入る。ショートサイドから松山のバンカーショットは3mオーバー。これを石川もねじ込めず連続ボギー。

◆2H 152yd Par3/ボギー(+1)
石川のティショットは右サイドのバンカーへ。松山の第2打は3m強オーバー。石川のパーパットもわずかに右に外れてボギーが先行した。

◆1H 481yd Par4/パー(0)
日本は松山のティショットでスタート。1wでフェアウェイをとらえる。石川の2打目でグリーンオン。松山の8mのバーディパットは80cmオーバーするが、石川がきっちり沈めてパー。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。