ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 マスターズ
期間:04/09〜04/12 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

スピース追う2位のローズはニヤリ「いいペアリングだ」

ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催中の「マスターズ」。初のメジャー制覇を狙うジョーダン・スピースが通算16アンダーの単独首位で3日目を終えた。後続の1番手は2013年「全米オープン」覇者のジャスティン・ローズ(イングランド)。7アンダー3位から「67」をマークし、グリーンジャケット獲得へ通算12アンダーの2位につけた。

21歳の背中を追うローズの猛チャージは中盤に始まった。5番までに2ボギーを叩いて上位から一時脱落。巻き返しを迫られたその時、キャディと「もっと集中しなくちゃいけない」と言葉を交わした。

上空の風は旋回を始め、毎ショット難しい判断を迫られる中、ポイントに上げたのは7番のプレー。残り117ydの2打目でPWからロフト52度のウェッジに持ち替え、ピンそばにつけてバーディを決めた。

「素晴らしい選択だった。あそこから流れが変わった」。バックナインに入ると、13番(パー5)からの4連続バーディでリーダーボードを再び駆け上がり、最終18番ではピン奥からの6mのスライスラインを沈めてバーディフィニッシュ。「細かい作業がきょうは最後に噛み合った。18番のバーディでジョーダンに一歩近づいたはずだ」と右手でガッツポーズを作った。

「彼とはライダーカップでも戦ったし、(3月の)フロリダの連戦でもよく一緒にプレーした」。スピースとは前週の「シェル ヒューストンオープン」でも予選ラウンドで同組となったローズ。「彼は本当に安定したゴルフをする。僕らは飛距離が同じくらい。パー3なんかのクラブ選択を考えても、いいペアリングだ」と最終日最終組での直接対決を歓迎した。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

関連リンク

2015年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~