ニュース

米国男子フェデックス セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

予選通過に望み 今田竜二は波乱の2ホールを終える

2014/06/07 23:38


テネシー州メンフィスにあるTPCサウスウィンドで開催されている「フェデックスセントジュードクラシック」3日目、霧の影響で第2ラウンドの再開は1時間遅れの8時からとなり、今田竜二は残り2ホールをバーディ、ダボで終えて「69」(パー70)。通算イーブンパーの57位タイ(ホールアウト時点)と、予選通過圏内で36ホールを終えた。

「(キャディに)あとで説教です」と吐き捨てたのは、最終18番の第2打のこと。第2打地点から左に90度近くドッグレッグした左サイドに、グリーン手前まで池が広がるこのホールで、右ラフからの第2打をその池へと入れてしまう。

<< 下に続く >>

「最初は5Iで右からドローを打とうと思ったけど、4Iに持ち替えた。(普通に打つと大きいので)ちょっとカット気味に打とうとしたら引っ掛かった…」。ジャッジミスから、痛恨のダボを叩いた。

直前の17番、再開直後の第2打はピンまで残り220ヤード。5Wで右前方の木の枝を避けながらフェードボールでピン下5メートルにつけてバーディを奪っていたことが、予選通過に望みをつないだ。

「(昨日、池に入れた)14番もそう。最後みたいなミスを無くせば3打違うし、まだまだ上位を狙える位置にいた。そういうミスを無くしていかないといけない」。

その上で望むのは、パッティングの復調だ。「僕のパターン的にはショットが良くなくても、アプローチ、パターで稼いでいく。まだパターが思ったより入ってくれていない」。調子を取り戻すためにも、残り36ホールを回りきりたい。(テネシー州メンフィス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 フェデックス セントジュードクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!