ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 RBCヘリテージ
期間:04/17〜04/20 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

【速報】松山英樹は「79」の大荒れ…石川遼「68」の反攻も決勝進出は?

サウスカロライナ州にあるハーバータウンGLで開催中の米国男子ツアー「RBCヘリテージ」第2日、日本勢の石川遼松山英樹が、ともに午前スタートでプレーし、一足早く第2ラウンドを終えた。石川遼は5バーディ、2ボギーの「68」(パー71設定)と巻き返して通算3オーバーでホールアウト。松山英樹は2バーディ、5ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーと大荒れで通算8オーバーまでスコアを落とした。午後スタート組はスタートしたばかりだが、予選カットラインは通算2オーバー前後と見られている。

初日に6オーバーの124位と大きく出遅れたから石川は、インの10番から午前7時40分にスタート。16番で2打目を2メートルにつけてバーディを先行させると、後半も4バーディを重ね、1歩ずつ出遅れを巻き返した。ただ、ティショットで痛いミスの出た3番などでの2ボギーもあって、ホールアウト時点では予想されるカットラインにあと1打及ばず、午後組の選手のスコアの行方に決勝進出を委ねることとなった。

<< 下に続く >>

一方、イーブンパーの36位から出た松山は、アウトの1番から午前7時30分にスタート。3番でボギーが先に来ると、続く4番パー3ではティショットを池に落として連続ボギー。9番では6メートル弱を3パットするなど全体的に精彩を欠き、ずるずるとスコアを落としながら後半に入った。

3つスコアを落として迎えた14番パー3では池ポチャ2回でトリプルボギー。ティショットを左に引っ掛けた16番でも1ペナを受けてダブルボギーと、終盤はトラブルの連続で大きく崩れ、2週連続となる予選落ちが確実となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 RBCヘリテージ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!