ニュース

米国男子WGCアクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

エルスに大会最年長優勝のチャンス

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の準々決勝はそれぞれのマッチで20代のフレッシュな面々が登場した。そしてジェイソン・デイ(オーストラリア)とリッキー・ファウラーがまず勝ち抜き、フランスの新星ビクトル・デュビッソンが初出場で準決勝へ。しかし、ベテランのアーニー・エルス(南アフリカ)が20歳のジョーダン・スピースの勢いを止め、ヤングプレーヤーの揃い踏みを阻んだ。

初戦のスティーブン・ギャラハー(スコットランド)、2回戦のジャスティン・ローズ(イングランド)をいずれも延長戦で破り、前日ジェイソン・ダフナーとの戦いも最終ホールで決着をつけていたエルス。この日のスピース戦も「昨日までよりは良くなったけれど、自分の期待とは遠い」という調子ながら、しぶとくショートゲームで耐えた。後半精彩を欠いた相手に11番、14番、15番、16番といずれも2メートル以上のパットを沈め、2ホールを残して勝利した。

同大会での過去最高位をマークしたのは、谷口徹に敗れて4位となった2001年。オーストラリアで開催されていた当時以来の準決勝進出だ。「もうほぼ忘れかけているなあ。あの時は火曜日の夜にメルボルンについて、練習ラウンドもしないでプレーしたっけ」。

流れた時間は13年。中堅選手からベテランになり、その間「全英オープン」で2勝を挙げた。「ホントにびっくりするよ。本当にたくさんの若い選手がツアーにいるんだ。ルイ・ウーストハイゼン(この日、デイに敗退)は南アの僕らのファウンデーション出身で、子供の頃から知っている。タイガーだって、彼が15歳の頃に初めて会ったんだ。面白いもので、いま同じ舞台で戦っている。これこそがゴルフの素晴らしいところだろうね」

そう目を細めるエルスは44歳4カ月6日で最終日を迎える。優勝すれば、大会史上最年長記録を樹立する。(アリゾナ州マラナ/桂川洋一)

関連リンク

2014年 WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~