ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(1回戦・2回戦)の最新ゴルフニュースをお届け

序盤に“誤球” 谷口徹は2年連続で初戦敗退

2018/07/26 18:12


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(1・2回戦) 初日(26日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

今大会のフィールドで最年長となる50歳の谷口徹は、1回戦で星野英正と対戦。前半11番で誤球によりダウンを喫するなど序盤から主導権を握られ、5&4(4ホールを残して5ダウン)の大敗を喫した。

クラブハウスに引き上げてきた谷口は「あー、もうガックリや。誤球したらあかん…」とあきれ顔。11番の1打目をラフに打ち込み、係員の誘導によりラフに埋まった2打目のボール位置を確認。「上から見たら(ボールのカラーが)白かったから」とそのまま打ち、グリーンを外した3打目地点に行って、まったく別のボールだったことに驚いた。「違うボールや…」。確認不足がたたり、ゴルフ規則『15-3』によりこのホールを失った。

その後も「1mのパーパットも入らないし、みんなあかんかった」と流れを呼び込めず、デビッド・オー(米国)に4&3で敗れた昨年大会に続く1回戦負け。「この1回戦はあかん。苦手やわ」と、2年連続の大敗を悔しがった。(埼玉県鳩山町/塚田達也)

【ゴルフ規則】15-3 誤球
15-3 a マッチプレー(抜粋)
プレーヤーが誤球に対してストロークをした場合、プレーヤーはそのホールの負けとなる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(1回戦・2回戦)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。