ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

レギュラーメジャー初挑戦 井戸木鴻樹「予選通過なら花火大会と森伊蔵」

ビックリ仰天、日本のゴルフ界全体が驚きに包まれたのは5月の終わり。米国チャンピオンズツアーの「全米シニアプロ選手権」で、井戸木鴻樹が日本勢で初めてシニアメジャーを制した。そして同大会での優勝により、今週の「全米プロゴルフ選手権」への出場権を手に。レギュラーツアーのメジャー競技に51歳にして初挑戦する。

2週前に「全英シニアオープン」に出場後、前週は米シニアの「3M選手権」に参戦。疲労はあるが、時差ボケも解消された状態で開幕を迎えられる。それでも相手となるオークヒルCCは7,163ヤード(パー70)。レギュラーツアーの選手であればいざ知らず、シニアプレーヤー、とりわけ飛距離が出ない井戸木にとっては困難を極めるもの。ドライバーショットの精度の高さは相変わらずだが、第2打でフェアウェイウッド、ユーティリティを駆使しても、2オンできないパー4もある。

「17番(509ヤード)、18番(497ヤード)はムリ!パーは難しい。ずっとパープレーで17、18はボギー、ボギー。1日2オーバーで、予選は通算4オーバー。どうでしょか!?」と、精一杯の目標を設定した。

3連戦となる今大会は開幕2日前から練習ラウンドを開始。6日(火)は藤田寛之石川遼とプレー。そして開幕前日の7日(木)は、スタート時間が重なり、偶然にもルーク・ドナルド(イングランド)と同組でプレーすることに。ドナルドを見たこと、それどころか、その名前すら曖昧に記憶にあっただけで、11年に米国&欧州の両ツアーで賞金王になったことを伝え聞くと「すごいやっちゃな。ナンボ稼ぐねん」と、あっけらかんと言った。

それでも、メジャー覇者としてのプライドがある。「その重みを感じながらプレーしたい」と凛とした表情で言った。そして「予選を通ったら、花火大会。森伊蔵(焼酎)で乾杯したい。決勝ラウンド?酔いがさめてから考えます」。周囲を爆笑の渦に巻き込んだ。「花火も、森伊蔵も買ってない」というのはご愛嬌。笑顔で、そして歯を食いしばってモンスターコースに立ち向かう。(ニューヨーク州ロチェスター/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!